クーの毎日

いい夫婦の日

★講習会

友達の替わりに、講習会を受けてきました。
「初めの一歩!食品加工入門セミナー」
食品加工業をはじめようと考えている人達のための、無料講座です。
01_20161123084149573.jpg 
ビッグプロジェクトのボスは、大阪。日程が変わったため、残念ながら受けられない。
ので、
5日間朝から夕方までのハードスケジュールを、わたしともう一人が手分けして受けてみました。
私は後半の3日間。
3日目は食品工場での体験講習。マンゴージャムなんかを作ります。
でも、内容はほぼほぼ「衛生管理」。
02_2016112308415337a.jpg 
仕分けされたゾーン、ガッツリとした服装、何度も何度も洗っては消毒を繰り返す。
う~ん。小規模の店舗では、どこまでやればいいんだろう。
初めての体験だったので、楽しかったです。
4-5日目は、市内でマーケティングや事業コスト、プロモーションなどの講義とワークショップ。
「コンセプト」の重要性とか。
昔、そんな関連の仕事もしていました。まあ、懐かしかったかな。
グループでの話し合いは楽しく、実際の仕事でないと、こんなに楽しいものなんだ、と妙に感慨深かった。

★ 冬の雨 ★

激しい雨が続いています。朝は晴れていて、いきなり豪雨。
長袖のシャツが必要な気温になりました。
これを宮古島では「冬」と呼び、「寒くなったね」と言います。
鍋とか暖かい麺類も美味しくなります。
ダンナの希望で、喜平さんに日本蕎麦を食べに行きました。
11_2016112308415702e.jpg 
ダンナはつけ鴨。私は鰊蕎麦。
このお店のご主人は、友達の事務所で出前もお願いしていた蕎麦屋さん。偶然とはいえ。
だから、親しんだ味。
しかも関西人にとって嬉しい鰊蕎麦。柚子が効いていておいしい。ほっとする。
あ、沖縄そばも好きですよ。

寒くなったので、妙な生き物も出現しました。
12_20161123084156870.jpg 
モゴモゴモゴ…と大きなイモムシが寝室スペースから這い出してきました。
「何してんの?!ヒメ?」
私のズボンにスッポン。
ヒメは私の衣類が大好き。洗濯しようと下に置いておいたりすると、シャツもズボンもスリスリします。
よかったね、顔が出て。
写真を撮ってたら、睨まれました。
「早くだしてよ!」…ふふふ…ちょい可愛い。

★ あちこちでファミマ増殖 ★

ココストアがファミマに買収されて、島じゅうのココストアが一気になくなりました。
そして、今、ファミマに変わり、あちこちで一気にオープン。
15_20161123090354250.jpg 
どこでもオープンセールをやっています。
ちょっと寂しい。でも、そんなにオープンセールやられてもね。
町が少し変わる。

★ いい夫婦の日 ★

11月22日は「いい夫婦の日」らしい。

実は、その前日、ダンナの調子がとても悪かった。
朝から階段につまづいて手をついた。どきっっとした。昼、一緒に買い物に行ったけれど、表情も乏しく声も小さく反応が鈍い。視点が下がって目が合わない。車の乗り降りも難儀で足がもつれる。
夜ご飯のとき、右手でグラスを飲みづらくしている。
極めつけは寝る前。
ズボンがうまく履けない、とのこと。新しいジーンズがいけないのかなぁ、とか言いながら、いろんなズボンで試してみる。履けない。
右足が上がらない。1時間以上、がんばった。短パンも試してみたが、履けない…。
どうしよう…これではプールに行けなくなっちゃう。一人で着替えができなくなっちゃう。
「明日、 プールは休もうか。お医者さんがいいと言った量まで、お薬を増やそうか。」などと言って、とにかく寝る。不安な気持ちでいっぱい。
翌日。いつものダンナに戻っていた。ズボンもちょっともたついたけど、普通に履けた。
ホッとした。

22日は二人でコンサートに行く。
「みなみこうせつ」
18_20161123084218b7e.jpg 
楽しかった。
ダンナは「懐かしかった」を連発。
東京に住んでたら、ぜったいに行かなかっただろう、みなみこうせつのコンサート。
宮古島に来たから、素直に楽しめた。懐かしめた。
帰りに一緒になったお友達とコーヒーを飲んでおしゃべり。
「ダンナ、楽しかったね」「うん。楽しかった」
とてもいい夫婦の日でした。暗くて足元が危なかったので、腕を組んで歩きました。とさ。

ダンナの具合も、今日は普通に戻り、これならプールも行けるな、と一安心です。
来月にも琉球大学に行って、お薬の相談をしてこようと思っています。

ダンナの調子が悪かった、この2日、いろいろと考えて、眠れなくなりました。
起きて行動してしまえば、そうでもないのに、モンモンと考えていると、どんどん余計なことまで想像して(ワンコ達が死んじゃう時のことまで)不安になって寝られなくなります。私の悪い性格です。若い時はこれで不眠症にかかっちゃったりしました。

大きなため息を空に向かって(雨だけど)はぁあ~~と吐き出して、さ、1日を始めよう。
ダンナに「調子が良くなってよかったね」と言ったら、「そんなに悪かった?」だって。

★ 健康のこと ★

この前、在宅医療関係の財団の方にお会いしました。
自宅で静かに一人で迎えた死は「孤立死」であって、「“孤独死”って呼び方はおかしい」。
孤独というから悲惨なマイナスイメージになる。とおっしゃっていました。
たしかに。
病院で自分の意志を伝えられないような延命治療で逝くより、自宅で一人で逝く方が人間らしい。

人間はいつかは死ぬ。
人間はいつかは病に倒れる。
その病はそれぞれで、突然に命を失くす場合もあるし、長く不自由な暮らしを強いるものもある。
あたまが少し壊れる場合もある。
避けられるものではない。
どんなものを食べようが、どんな生活をしようが、病は必ずやってくる。

テレビでは、朝から晩までのように老後の健康について、とりあげている。
その病から「あなただけは逃げられますよ」と、手を変え品を変え情報を流す。
嘘だ。逃れられるものか。
それよりも「病を受け入れ方」を、誰か、教えて欲しい。
本人にとっても家族にとっても。

ボケたらボケても幸せでいられる。
不自由でも不自由なりに幸せを感じられる。
そんな心のもちようと、暮らし様を教えてほしい。
ああ、言いたい。
「それもまた良し認知症!」

ダンナの体が動かなくなっても、毎日、小さな幸せを感じながら最後までこの家で過ごさせてあげたい。
私も笑っていたい。
私が一人になったとき、一人で死を迎えることになっても、ちゃんと「ありがとう」と思いながら逝きたい。

病気が怖いんじゃない。
幸せでなくなることが怖いんだ。

ちょっと具合が悪くなっただけで、眠れなくなる私より、ズボンをはこうと1時間もがんばるダンナ。
「え?具合、悪かった?」と言うダンナ。
どうも、ダンナの方が幸せでいられる能力は高そうだ。

そんなことを考えた「いい夫婦の日」でした。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
スポンサーサイト
  1. 2016/11/23(水) 09:54:43|
  2. 宮古島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドンキホーテ開店

宮古島にドンキホーテがオープンしました。
すでにご存じの方も多いと思いますが、ちょいとご報告。

ダンナは東京にいるとき、ドンキホーテが大好きでした。好き過ぎて♪ド・ド・ドンキ、ドンキッホーテ♪という、あのテーマソングのCDを買ったくらいです。毎日のように雑多な森に通ってました。
01_201608222141079db.jpg 
なので、当然、ウキウキと行きました。
思ったより、ごちゃごちゃしてないのね。天井の低いアジアのマーケットって感じ。
20160812_111826.jpg 
さすがに、飲み物とか健康ものは充実しているね。
02_20160822214109f03.jpg 
オリジナルな宮古島のおみやげもあり、いろんなアイデア家電あり。
03_20160822214115c4e.jpg 
あ~こういうやつね。欲しくなるのよね。でも買ってもあんまり使わないんだけどね。
この手の家電、大好き。

けっこう広いスペースに、食品コーナー。
充実してる!
04_20160822214116069.jpg 
カレーやソースもとっても多い。しかも安い。
05_20160822214112037.jpg 
アジアものがたくさんあって、嬉しいです!安いコチジャン!もう神戸で関西スーパーに寄らなくてもいいのね。
さっそくフォーを買って帰りました。
生鮮食料品も安い。
06_20160822214156765.jpg 
この日はトマトとアスパラガス(国産)、卵もL10個167円。鶏もも100g43円。買って帰りました。
しかも、佐賀牛が美味しそう。なんとか手の出る価格。
誕生日に買おうっと。

ちょこちょこと行く楽しみが増えました。
早く併設予定の「台湾マンゴー屋」さんが、オープンしないかなぁ。

11日にオープンして、もう3回も行っちゃいました。(笑)



私は町内会にはいっています。町会費もちゃんと払っています。
年2回の行事に参加。1月2日のグランドゴルフ大会、敬老会の、2回です。
他に年に1回の清掃活動にも参加。清掃活動というと、大人しい感じですが、実際は「ジャングル伐採」という、かなりハードな作業です。

今年、会長が変わられました。
それもあって、今年初の「お祭り」が開かれました。
近くの公園で焼きそばやかき氷がでるとのこと、もちろん、ちょっと楽しみに夫婦で出かけました。
11_20160822214159491.jpg 
海が見える公園。三々五々、笑顔で集まる町内のみなさん。
焼きそば、焼き鳥、お団子、かき氷、ゼリー、さたぱんぴん。全部、手作り。なので、おいしい。
久しぶりの近所の方との情報交換も楽しい。
ゆるゆるのクイチャーも笑い声があって、楽しい。子供たちも犬も一緒。
12_20160822214202d49.jpg 
いいもんだぁねぁ。
また、やってください、会長さん!
準備も片付けも大変だったでしょう。みなさま、本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

帰りは、歩いて3分。
この森をぬけると、我が家です。
13_20160822214202849.jpg  
この森には、遊歩道がありました。途中、伊良部島がよく見える、見晴らしのいい場所もありました。
でも、あっと言う間に草が膝の高さまで茂り、歩けなくなります。
清掃活動に加えて、町内の方が重機で道をキレイにしてくださいました。

ダンナ、散歩に行ってみようね。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



  1. 2016/08/22(月) 22:02:45|
  2. 宮古島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑さと戦う

夜、2階がとんでもなく暑い。
日中は風を通せば、普通の「暑さ」で、汗をかきながらもエアコンはいらない程度。
それが、夜になると…外と中が逆転。外は涼しいのに、中はどんどん暑くなる。
「エアコンをつければ?」…はい。エアコンはつけてます。
でも、ぜんぜん、効かない。
試しにエアコンをつけて窓を全開にしても、同じ温度。
「エアコンが壊れているんじゃない?」…いいえ。見てもらいました。壊れていません。
つまり…
今の8畳~用エアコンじゃぁ、弱すぎるってことです。

甥っ子に加えて二人の来客。来客は下の部屋。となると、甥っ子はその間、2階に寝なくてはいけません。
今年は我慢できないほどの暑さ。
「大丈夫ですよ。部活の体育館はもっと暑い。」…うちは部活の体育館じゃないし。
「でも、家の暑さじゃ、ありませんよね。」…倉庫ぐらいか…。

ちょうどテレビで、「エアコンをつけていても熱中症!?ふくしゃ熱の怖さ」ってのをやってました。
「これですよね!これ!2階はこれですよ!」…そうだね。

熱中症になるわけにはいかない!
どうにかせねば!せめて甥っ子だけでも。

★ベランダにベッドを作ろうか?

暑くてキレてしまったとき、腹がたってベランダにボンボンベッドを出して寝てみたら、涼しかった。
とりあえず、2~3日なら外ベッドでもいいか。
メイクマンでベッドの材料を買ってくる。1万円。

★とりあえずエアコンの価格をチェックしてみよう。

ヤマダ電機はこのところ外国人でいっぱいで、忙しそうだ。ベスト電器へ行ってみよう。
どうせ、エアコン設置までは早くて1週間、2週間ぐらいはかかるだろう。
「今、エアコンを買ったら、工事はいつぐらいですか?」
「明後日にはできます。」
あさって?!え?!ほんと!?
よしっ!!!買った!!!
工事の見積もりは?「今日、いい時間に伺います」
もう一度、支払いに来ないといけないよね。「いいえ、工事当日、自宅でお支払いください。」
もう、いたれりつくせりだ!ベスト電器。

★17万円(工事費込)のエアコンを買う

というわけで、前置きが長くなりましたが、エアコンを買いました。
20160725_145504.jpg 
右端上に見えるのが、今までの8畳~用パナソニック製エアコン。
窓の上の穴を利用して、新しいエアコンを設置。
入れ替えよりも工事費は安い。しかも室内配線は自分でやると7000円安くなる。
それでも、18畳~用は200Vへの変更も必要で、全部で17万円もかかった。
じう・なな・まん・えん…貯金通帳を見るのが怖い…

★ 地獄から極楽へ

20160725_162100_201608011519408a6.jpg 
結果…極楽です。ふぁああああ~~~~快適だよ~~~これこそ「人の家」だわ。
もう、ウチに熱帯夜はないのね。
嬉しすぎる。17万円の価値あり。
快適生活って、お金かかるのね。

★で、ベッドは?

で、これはどうする?1万円もかかってるし。
20160730_165431.jpg 
そ、そうなの。
ベスト電器に行ってから、メイクマンに行けば不要だったのに…。バカ。
買ったものは作らねばならない。
甥っ子を空港に送ったあと、組み立て開始。

この場所は、あまり使われず、クーの広いトイレと化していました。
匂いが残っていると嫌なので、たっぷりファブリーズもして、組み立てます。
20160730_171532.jpg 
まずは台。3本の足台を組み立てます。
20160730_173509.jpg 
次に板貼り。ガンガン釘うち。
20160730_180723.jpg 
できたー。簡単だったー。1時間ほどで完成。さすがに失敗やり直しもなし。
上に買ってきた竹ござをひいて完成。

20160730_180821.jpg 
こんな感じの景色。風が通り抜ける~~。しかも昼以降は日陰。夜もあまり虫が来ない。
ゴロンとしてみる。
固い。
でも、気持ちいい~~快適な昼寝スペースだわ。
20160730_182245.jpg 
さっそくダイと一緒に寝てみる。
この日は疲れもあって、1時間ほど爆睡してしまいました。
寝る時にだけ、ゴザと枕をひきます。

台風のとき?
うーん。まだ考えていません。
暑さに頭が沸騰して、とりあえず思いついたものですから。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2016/08/01(月) 16:01:22|
  2. 宮古島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊良部

伊良部大橋が開通してから、1年以上が経ちました。
いつしか、ドライブといえば伊良部に行くようになりました。

その伊良部島が、今、ホンダオデッセイのCMで、超美しく紹介されています。
01_20160610200633b1b.jpg
↑ 映像はコチラから
息をのむ美しさ。すっごいね。

その大橋を渡り(右手に私の家の方が見える)、伊良部島へ。

この日は「海神祭」。島のあちこちで、ハーリーや催し物が行われています。
中でも、漁師の町、佐良浜では、盛大です。今年、はじめて伊良部佐良浜漁港へ「オオバンマイ」を見に行きました。
02_2016061020063665e.jpg 03_201606102006392de.jpg 
オオバンマイ。(私はおおばんぶるまい、がなまったものかな?と勝手に思っていますが)
カツオを船からバンバン投げて、それを取るっていう催し物です。
「え~それって、生臭いし、乱暴だし。それにカツオ、そんなに大好きってわけじゃないしぃ。」と、乗り気じゃなかった私。
面白いですよ!と言われ、「じゃあ、晴れているし、見るだけ。一度だけ。」と、重い腰をあげました。

12時ごろ、いきなり始まる。
05_20160610200643818.jpg 
→ 映像はコチラから
ひぇ~~!ぶつ切りのカツオの切り身が、バンバン飛んでる!!
そうです。4~5cmはあるぶつ切りを、思いっきり投げる。もちろんビニールなんかにはいっちゃいない。佐良浜の漁師はそんなヤワなことはしないのだ。昔は1匹まるごと投げたそうな。
いきなり、私の後ろの車にゲキトツっ!うぁあっ!あぶない!
見るだけのつもりが、よけなきゃ危ないぐらい飛んでくる。
足に当たる、頭近くに飛んできたのを取ろうと片手をあげたけど、とても片手じゃとれない。重いソフトボールぐらいある。
しかも、手にあたったとたん、ビシャっと血がかかる。あ~~。
ここまでとは…ここまで荒っぽいとは…。
06_20160610200642116.jpg 
終わった後、みんな手に手にカツオのぶつ切りを持って笑顔で帰る。血だらけ…もちろんカツオのね。
07_2016061020065624d.jpg 
いつもは静かな漁港も、車の渋滞。
来年も、来ちゃおうかな。



帰りに、お友達に場所を聞いて、伊良部高校ちかくに、ひまわりを見に行きました。
09_201606102007034f8.jpg 
うぁあー遠くまで見渡すかぎりのひまわり。キレイだなぁ。
08_2016061020065809b.jpg 
きび畑を通るまっすぐな道。
美しい海と、漁師の熱い心と、のどかな静けさが残る伊良部島。
今、観光計画がものすごいスピードで進んでいます。隣接する下地島の空港の軍事利用が危ぶまれています。

この島も急速に変わるんだろうなぁ。

でも、きっと、熱い「オオバンマイ」は、変わらないと思います。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2016/06/10(金) 20:14:23|
  2. 宮古島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野生の動物

2階でゴロゴロしていたら、いきなりワンコたちが大騒ぎに。
と、バサバサという黒い大きなものが部屋を飛び回り、ベッド横の窓へぶつかった。
「鳥だ!」
部屋に鳥が迷い込んだ。
20160513_083425_201605151932362ca.jpg  
イソヒヨドリだ。
鳥は窓と網戸の隙間に入り込んでしまった。逃げようともがいている。
網戸を開けて出してやろうとするのだが、パニックになっているため、どんどん奥に行こうとして、挟まる。
少しずつ少しずつ雨戸をあけて、やっと逃げて行った。
あ~~驚いた。
鳥もずいぶん、驚いただろう。

島では、カラスやスズメはあまり見ない。イソヒヨドリが一番身近な鳥だ。
ウチの近くに巣があるのだろう。いつも同じ子が、屋根などにとまって、いい声で鳴いてくれる。
次に身近なのは鳩かな。
有名なのはサシバだけれど、これはもう、天然記念物で観光資源。いわばスターだ。
Butastur_indicus.jpg 
サシバ (wikipediaから拝借) 渡り鳥

東京では代々木公園の近くに住んでいて、たくさんのカラスがいた。もう恐怖を感じるぐらい。
神戸ではベランダにスズメが来て、米をあげていたら、毎日何羽も来るようになった。子連れで来る子もいて可愛かった。
マンションの駐車場では毎年ツバメが巣を作り、かわいい雛が育っていった。

都会ではカラスはゴミを荒らす、鳩は糞をまき散らす「害鳥」。
スズメは小さいので、たくさんいても、可愛がられる。まあ、いい立場を確保しているってところか。
島では、カラスや鳩も、害を及ぼすほど数ではないので、まあ、おおざっぱに「鳥」として、自由に暮らしている。



島に来てから、動物と人間社会の関係について、よく考えるようになった。

以前、サシバは空が暗くなるほど渡り来たらしい。島で貴重なごちそうとして、掴まえて食べていた。
もちろん、今は、そんなことをすると罰せられる。
ウミガメだって食べていたはず。宮古民謡に「四島の主」という歌がある。ウミガメの気持ちになって歌われた面白い歌で、「産卵しようと浜にあがったら捕まった。ああ包丁もまな板も用意されている。私の命もこれまでか…」などという歌詞である。

ショッキングな話だが、けっこう近年まで犬も食べていた。
誤解なきように。これは宮古島が野蛮な民だからでは、決してない。
東アジアから太平洋の島では、犬は食用とされていた歴史がある。戦争中はとくに貴重なタンパク源だっただろう。
もちろん!今はそんなことをすると、罰せられる。
今でも冗談で、ウチの犬たちには、「勝手に外に出ると怖いおじさんに捕まって、食べられちゃうぞ」と、言い聞かせている。

島のあちこちでは、今のヤギが飼われている。けっこう市街地の空き地などでも、ヤギが2~3匹飼われていて、草を食べている。
飼う目的は「食用」。お祝いのときなどに食べる。そのために飼っている。決してペットではない。

先日、宮古馬の保存活動の協力をさせていただいた。
県の天然記念物に指定されている宮古馬。日本固有馬8種の1種で、ほぼ絶滅寸前だったところを、やっと50頭弱まで繁殖させた。それでも他の7種が100頭以上であるのに比べ、まだまだ少ない。
しかし、保存活動にはお金がいる。補助金は1頭について5000円/月。これでは飼育者の負担は増えるばかりだ。
結果、「半数ぐらい、天然記念物からはずして、馬肉として売りたい」という意見がでてきたそうだ。なんと乱暴な話だ。当然、反対も多くて、この案は保留になっているらしい。
担当は畜産課。まあ、馬・牛・豚=家畜=食用、という発想がでてきても不自然ではないのかもしれない。



野生動物の保護、家畜の飼育、食用、ペット…など、どれも人間の勝手だ。
きれいにパックされて売られている肉も、感情ある牛や豚を屠殺したものだ。
ヤギだって同じだ。
昔は犬だってウミガメだってサシバだって、同じだった。
どれが可愛そう、という話ではない。

「犬は家族」という考え方が全てではない、ということを、この島に来て知った。
鳩に餌をやるように、猫や犬を飼う感覚を持っている人もいる。
何度も書くが、宮古島での犬の年間殺処分数は、東京都全体と同じ~4倍だ。
中には子犬もたくさんいる。
これでいいわけがない。

犬が殺されることを思うと、かわいそうでとても辛い気持ちになる。
でも、ヤギには、それほどの同情を感じない。
私の中にも、そんな矛盾はある。

結論がでないまま、毎晩、安心しきった、ウチの子たちを見る。
20160513_004723.jpg 
チャー。おまえに中にも「野生」はあるのだろう?
もし災害が起きて、野生化するようなことになったら、お前は生きていけるか?
毎晩、庭に出てくるカエルは、追っかけて遊ぶんじゃなくて、食べられるものなんだとわかっているか?
お前より大きな犬が来て、襲われそうになったら、兄弟で協力して戦えるのか?
まあ、そんなことにならないよう、私が守ってあげるけどね。
キミたちは、法的には「家畜」だけれど、私の大切な「家族」だからね。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2016/05/15(日) 20:50:42|
  2. 宮古島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (27)
景色・空・海 (29)
ワンコ (84)
ごはん (59)
畑・庭 (31)
海遊び (65)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (64)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム