クーの毎日

つかの間の晴れ

雨の日が続きます。
しかも、大雨と強風。まるで小台風のような嵐の日も。ムシムシと暑くなったと思ったら、雨。まるで梅雨のよう。
おかげで、ワンコ達は外遊びができずに、イライラ。
03_20141130230152f59.jpg 
今日は出られるわよね! うん、そうね。今日は出られるね。
久々の晴れ。
う~ん、晴れると暑い…。そう、もう12月だというのに、扇風機を回す暑さ。28度!!
01_2014113023014294c.jpg  
雨の合間の庭には、1日できのこが生えます。
04_20141130230152fc8.jpg 05_20141130230152ff1.jpg
ワンコ達が庭に跳び出す前に、とっておきましょう。でないと、食べるヤツがいます。
02_201411302301478c4.jpg 
ん?誰? あなたです。いつもヤギのように草を食べる、あ・な・た。

久々のお外遊び!わ~って走りまわるのは、ちょっとだけ。後はオモチャをガジガジ。草をもぐもぐ。
10_20141130230219ca8.jpg 
めずらしくソラがおもちゃをとりました。投げたオモチャをいつも、チャーに取られてしまいます。
よほど嬉しかったらしく、チャーが寄ると「う~」と唸ったりしています。
12_20141130230226b41.jpg 
「ぼくんだからね、とらないでよ!おもちゃ!」 (ソラ) 「へ~ん興味なし」(チャー)…って顔をしていたのに、いつのまにか…
13_20141130230225dc3.jpg 
しっかりとチャーが持ってました。今度はチャーが放そうとしません。
14_20141130230229ca4.jpg 
ほら、チャー、散歩だよ。嬉しくて尻尾はフリフリしているのだけれど、オモチャは放したくない(笑)。
チャー、おもちゃを持っては散歩に行けませんよ。

しかし…暑い…

つかの間の晴れ、気になっていたラティスのペンキを塗りました。
21_20141130230228247.jpg 
夕飯前の1時間半。ちゃちゃっと塗れるわ、これぐらい♪、と調子にのって塗ってたら、途中でペンキが足りなくなってきました。
しまった!と思いながら、ケチケチ塗って、最後はフタの裏についているペンキまでとって、なんとか全部塗り終わりました。

雨の日も晴れの日も、私のお気に入りの場所、工作スペース。
22_20141130230255189.jpg 
端材を切っては、卓上ノコギリで切って、ちょこちょこ作っています。
暑いので扇風機をつけ、ラジオもつけました。
楽しい工作毎日♪

★ 今日のごはん ★

海老はつづく(笑)
23_20141130230257392.jpg 
海老の小さいのをフードプロセッサーで皮ごとすり身に。
揚げしんじょを作ってみました。海老の揚げしんじょとナスのあんかけ。
ふわふわで、海老の旨みがギュッとつまっていて、美味しかったです。
見てくれはイマイチですが、味は満足でした。

この日はキッシュをいただいたので、イタリアンに。
24_20141130230259261.jpg
キッシュは西里通にあるお店のもの。このお店、ベーグルも絶品。このキッシュも本当に美味しい。
気に入りました!
献立は、焼き野菜。カブやパプリカやいろんな野菜をオリーブオイルで焼いて、鉄板ごとテーブルへ。熱々の焼き野菜の上にたっぷりのパルメザンチーズをかけて。ご飯の代わりはパスタ。自家製ベーコンと自家製バジルのみであっさりめ。


明日は那覇日帰り。3日~5日は大阪。
しばらくバタバタです。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 23:22:07|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海老海老工作

最近、「海に行かなくなったら、食べ物の話ばっかりですやん」と、関西出身のお兄さんからつっこまれました。
「他に何がある?!」と居直りました。
そうやなぁ…。
でも、やっぱり食べ物の話にしましょう。

お友達から北海道の美味しいものを送っていただきました!嬉しい!
01_20141127191423c4d.jpg 
これ。後ろには丼に盛られたご飯。さぁ、なんでしょう?
えっ!アイスクリームをご飯に?!いえいえ…
02_20141127191429807.jpg  
牛トロ・フレーク! 冷凍のまま、炊きたての熱々ご飯に乗せると、とろっと溶け始める。
味は生臭さのない、コクと旨みのしっかりした、しかしアッサリのマグロのトロに近い。
ガツガツ食べられます。
ああ、広い世界には、こんなに美味しい食べ物があるのね。
ありがとう。大事に食べます。まだ冷凍庫にあるの♪ 楽しみ。

海老づくし!
獲ってきた海老で、今日は海老豆ごはん。おかずにも海老。ごぼうとレンコンときんぴら風に煮ました。
 04_201411271914321ea.jpg 03_201411271914337e7.jpg
香ばしく、上品な味で、煮ると旨みあり。頭の角殻の部分をとるようになってから、レパートリーがぐっと広がりました。

実は…海老獲りに夢中です。

今までは、月に1回、新月前後の晩に行っていました。よく行っても月に2回程度。
それが、今月はなんと、5回も!
実は、今まで行かなかったのは、時間帯の問題でした。

★ここで、海老取りの基礎知識★

海老取りは、真っ暗な夜、頭につけたライトの光で赤く光る海老の目を目印に、エビをさがします。
くるぶしぐらいまでの深さにいる海老を、専用の網で1匹づつとります。
こんな感じ↓ 写真は過去のもの。女性は私ではありません。
04a2.jpg 
大切なのは、水の深さ。深すぎると海老が見えずらく獲るのもむずかしい。
遠浅が広くつづくのが海老取りに適したポイント。

獲れる海老は、だいたい5cmほどの大きさ。3cm以下の小さい海老はなるだけスルー。過去10cm以上の海老を1匹、獲ったことがありますが、ほぼ車エビでした。
こんな感じ↓ 過去の写真です。
04a2-2.jpg

海老とりには、いくつかのコンディションがあります。
1. 夜の干潮で潮位が30cm以下程度まで潮が引く、秋から冬の大潮~中潮の期間。
2. 干潮の前後2時間まで。以外は水が満ちて深くなりすぎる。
3. 雨でないこと。波が高くないこと。できれば風も穏やかなこと。海面が揺れると見えにくい。
4. 満月の明るい夜は海老が砂にもぐっていて、でてこない。

以上の条件を満たす新月の大潮前後、しかも干潮時間があまり遅くならない日を選んでいました。
夜10時頃に出かけていき、12時頃には終了する感じ。真夜中にまで行くのは…と考えると、日程も限られました。

今年の冬は、春~夏、毎日のようにシュノーケルしていたお友達を誘いました。みんなリタイヤ・ナイチャー。
「このメンバーは、はまったら、ガンガン行くだろうな…」と、ちょっと怖れておりましたが…そのとおりでした。
「深夜2時30分ぐらいになりますが、行きますか?」「行きます」…「明日も行きますか?」「行く」…で、集合。
合言葉は「だってボクたち、ヒマだから。」
みんな、すぐに夢中になる。獲れた海老が人よりも少ないと悔しがる。獲れないとしょげる。
他の人の道具がいいと、買いたくなる。
まるで子供(笑)。

で、とにかく、海老とりの腕もあがり、2時間で200匹以上は獲れるようになりました。500~600gぐらいでしょうか。
上手い人は2kgは取るので、少ない方です。

夜遊びを続け過ぎて、寝不足。
頭の芯が重くて、体がダルイ。なんか、あちこち凝っている。
あ、この感じ、懐かしいかも。

東京で毎日毎日、徹夜仕事を続けていたころ。こんな感じだった。
朝、頭の芯が重くて、体がだるい。ボンヤリしていて、電車に乗っている間に、いつの間にかうたた寝。
無理してたんだなぁ、私。がんばってたんだなぁ、私。
今は、ただの夜遊びだものね(笑)。しかもアルコール一切ぬきの歩きっぱなし。


★ 工作 ★

夜は海老取り、昼は工作。充実した冬生活。

いよいよ、ダンナから工作の注文が入りました。
外用ゴミ箱です。

ゴミ箱といっても、こちらのゴミ箱はとにかく立派。
06_20141127191618987.jpg 
何万円もします。しっかりしたアルミ網製。重いフタ。これでないと台風にとばされるし、猫がゴミをあさってしまいます。
ウチはそんなお金をかけたくないので、網をかけたりしていましたが、猫にやられっぱなし。
05_20141127191432f0b.jpg 
買ったプラスチック製のゴミ箱は、あっと言う間に劣化してこの通り。さっそく猫に荒らされ放題。
状況は切迫しています。すぐにでも作らねば!

もちろん、端材で作ります。端材は面倒。サイズもバラバラ。せっせと板を切断します。
10_20141127191622198.jpg 
私の苦手その1=板を切ること。電ノコで切っても、線通りに切っても、真っすぐに切れません。なぜ歪む!!!
とりあず、設計は決まりました。
11_201411271916240ac.jpg → 12_2014112719162317f.jpg  
まずは底部分。四角の枠。そこに端材でスノコ風のものを作ります。
13_20141127191626126.jpg → 14_20141127191719747.jpg
横板をつけます。助手がいないので、椅子が助手。ほぼ完成。箱ができました。
ん?ここで設計ミスが発覚。
15_201411271917211cc.jpg 
全面に古い網を入れるつもりでしたが、そのスペースをとっておりませんでした。また3分の1程度、釘を抜いてやり直し。
なんとか、網も入れました。後はフタ部分。
16_20141127191722989.jpg 
苦手その2=蝶番を付ける。どうしてか、この作業が苦手。必ず向きを逆につけたりしてしまいます。イライラ。
完成。外置きなので、保護用にペンキを塗りました。
17_20141127191724625.jpg 
お、立派じゃん。ゴミ箱には惜しい。
ダイ、君のお部屋にする?
お庭が大好きなんでしょ。今日もダメって言ったのに、足元をすりぬけて走って出ましたね。
そんなにお庭が好きならば、この中をお家にする?
…「そんなにいじめなくてもいいじゃん」(ダイ)。だね。

これで、猫にはやられないぞ!
ついでに、台風の時に片づけやすいよう、コロコロまでついています。
制作期間、ペンキ塗りを除いて、約1日。

さあ、次は何?









コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



  1. 2014/11/27(木) 20:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

倉庫の棚を作った!

倉庫の棚に挑戦しました。
初の大物工作です!
倉庫棚づくり、ドキュメンタリー風にご報告します。



裏の倉庫がゴチャゴチャで憂鬱でした。
安くて作ってもらったので、棚までは設置させておりません。
いちおう古い棚を置いてはいるものの、ほとんどが直置き。
湿度が高いため、直置きにしている端材などは、一部カビが生えて、恐ろしいことにアリが巣くっていました。
何かを出すにも、まずは他の物をどけてからでないと出せない状態。
1-1.jpg
できれば、この左側に工作スペースを作って、冬の工作の基地にしたいと思っています。

★1日目 片づけ★

まずは片づけ。ここにある物をまずぜ~んぶ左半分に寄せました。
1-2.jpg 
右半分。ここに作るのは、高さ2mx長さ4mx奥行き70cmの棚。そう、かなり大きいです。
人生初の大型工作。大丈夫かなぁ…。
手伝いもなく自分たちだけで作ります。技術はない。ドライバーで釘を打だけで作りたい。かつ!安く。
考えて考えて、泳ぎながらもベッドに入ってからも考えて…。ようやく構造が決まりました。

★2日目 材料を切る★

いよいよ材料が届きました。
幅9cmx厚2cmx長4m の横板用木材 15本
幅9cmx厚9cmx長2m の柱用木材 8本
合わせて約25000円。
コピー ~ 2-1  
できるかぎり無駄な端材を出さないよう、70cmと130cmの寸法に統一しました。

まずは、切ります。
以前、引っ越していった友人に頂いた卓上電気のこぎり。測るのは私、切るのはダンナ。
2-2.jpg 
材料が届いたこの日は、あいにくの雨。倉庫前の駐車場が工作スペースに。
せっせと切って、130cm長桟板20本、70cm短桟板25本。
2-4.jpg 
ささくれた切り口は、グラインダーでけずり、キレイな材料に仕上げました。
ここまでで、2日目終了です。

★3日目★

いよいよ組み立てです。
まずは、左右横部分を作り、長い4mの桟をつけて、基本の枠を作ります。
1.柱2本を地面に並べ、短横桟を3本打ちつける。
2.これを2組作る。
3.左右の壁に立てる。
3-1.jpg 
問題はここからです。私の棚作り構想の、最難関。横の4m桟を取りつける。
ダンナが反対側を支え、脚立に登って、なんとか一番上の桟を取りつけました。
後は真ん中と下、3本の長い桟を打ちつけました。
これで、コの字の枠ができました。
次に、真ん中2本の柱を建てます。太い柱なので、自力で立ってくれます。
3-2.jpg 
 これを場所を確認しながら、桟とつなげます。
前にも桟を渡します。
これで、基本枠ができました。
3日目の終了。一番の山場が終わりました。
まだグラグラです。

★4日目 柱を全て立てる★

柱は全部で8本。残りの2本を建てます。
昨日の要領で、前の柱を立てました。
4-1.jpg 4-2.jpg 
足元の補強もしました。柱を挟む短桟。今回の構造のポイントは、太い桟を使わず、柱を左右に挟む形で桟を取りつけるようにしたこと。これならば釘打ちだけで、金具も使わずにすみます。
足元には一応、L字金具を取りつけました。
4日目終了。順調です。

★5日目 桟★

さあ、いよいよ桟の取りつけにかかります。
まだゆらゆらしている枠ですが、どんどん桟を取りつけることで、構造は強くなっていく、はずです。
6-1.jpg 
短タテの桟の上に長ヨコ桟を乗せる形で太い柱に取りつけます。
この長ヨコ桟の上に棚板が乗る構造です。
黙々と作業を進めます。リード穴を開けては、釘を打ち込む…200本は超えたかなぁ…。
本当は、物を入れながら高さを決めたかったのですが、物は山となったまま。
あんがい高さがないことに気づき、棚板は全て2段にしました。
ん?なぜか、短桟が足りない…。計算間違いです。長い桟を切らねば…。
ここで、心がおれて、5日目は終了。

1日のうちで作業をするのは、だいたい3時間程度。
こんなペースでOKでしょう。

★6日目 桟を全てつける★

昨日、こころがおれた短桟も切り、残りの桟をつけてしましました。
7-1.jpg 
記念すべき最後の桟。
短桟30本。長桟12本。4m桟4本。全部、取りつけ終わりましたーっ!
途中、ちょっと飽きました。
7-2.jpg 
もう、手で揺らしても、揺れません。かなりガッチリしています。たくさんの桟で支える構造、正解です。
しかし…どうも1cm弱、歪んでいるような気がする。寸法は合っているんだけれど角の直角が合わない。
どうしよう…どうしようもない…。ま、しっかりしているし、見た目には全くわからないし、いいか。
いいとしましょう。するしかないし。
で、6日目終了。

★7日目 棚板をはり完成!★

さあ、いよいよ棚板です。
本当は、棚板はホームセンターでしっかりした板を買って、まっすぐにカッティングしてもらうつもりでした。
しかし、以前、裏庭で作ったシャワールームが台風で崩壊し、大量の板が端材となっています。
それを使えば0円。買えば1万円以上。
で、もちろん、家にある板を使うことに。
8-1.jpg 
切らねばなりません。電気のこぎりはあります。丁寧に線を引いて、まっすぐ、切ります。
切れません。切っているはずなんだけど、なぜ、微妙にカーブしているの?!
しかも、棚の角の直角が少し歪んでいるし、板は真っ直ぐじゃないし。
…おそれていた通り、棚板を乗せると、ぴったり合いません。うーん、なんで隙間があくの?なぜなぜ?枠がゆがんでいるの?板がゆがんでいるの?!
ま、いいか。
細かいところは見ない。
8-3.jpg 
天井部分にも板を貼る。これが、ああ、これが最後の釘打ち!!
やったーっ!完成~!
釘、たぶん300本ぐらい打ったわ。
随分、釘打ちだけ上手くなったわ。
とにかく、か・ん・せ~い!!
8-4.jpg 
立派じゃん!
ほんと、ほぼほぼ順調にできました。しかもかなり頑丈。
下の段は直置きできるようにしました。棚は2段。
ガッツリ入るね。

うまく、できたじゃん!

★ 片づけ ★

さあ、溢れる物を入れてみましょう。
9-1.jpg 
ぴったり。まだまだ棚1~2段分ぐらい、スペースが開いています。
引き出しなどをとりつけて、さらに収納を増やしていくつもりです。
これで、どんなものもすっと取りだせます。
左奥下の段には、引きだせるよう、コロ付の板も作りました。

そしてそして、棚の反対の左側には…
9-2.jpg
待望の工作基地!まだ工作道具なども運び込んでいません。
今、家の中とココにバラバラになっている工作道具を、こちらにまとめたいと思っています。

それにしても、出てきたのは、大量の端材。
ほんと、せっせと使わねば。スペースをとって仕方ない。

さあぁあ!今年の冬は、工作の冬だーっ!

大物工作に成功し、調子に乗る私なのでした。

★ before → after ★

before
1-1.jpg
   ↓↓↓
after
99_20141123202926518.jpg


コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2014/11/23(日) 21:43:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

食欲の秋・工作の秋

南の島も、寒くなってきました。
気温こそ、20度を超えていますが、北風が強くて体感温度はもっと低いです。
ちょっと前まで、半袖Tシャツで「暑い~」と言っていたのが、一転、長袖トレーナーにダウンベストまで着たりして。

そんな時は、あったかい、関西うどんが恋しい。
11_20141120200857c0f.jpg 
お昼に肉うどん。東京ではあんまりお目にかからなかった。
お肉のうまみにネギと七味の香りが効いて、とてもおいしい。

そして、お友達から美味しい酒粕を頂きました。
ありがとう。うれしいな。うれしいな。
12_20141120200859da7.jpg 
宮古島の食堂のメニューに「みそ汁定食」があります。
ん?定食には味噌汁がついているもんでしょ、味噌汁だけ? そうなんです。
メインがみそ汁。具だくさんでドーンと丼にいっぱいでてきます。
そんな感じで、この日のメインは鮭たっぷりの具だくさん粕汁。
ごぼう、にんじん、ねぎ、きのこ、さけ、れんこん…
おいしかった。
お友達の友情の暖かさ、いただきました。感謝。

先日、テレビを見ていたら、朝の野菜は昼まで血糖値が上がるのを抑えるそうです。
これは食べねばいけない。ダンナは糖尿病予備軍なのです。
13_20141120200900d47.jpg 14_2014112020090190d.jpg  
朝の仕事がひとつ、増えました。
朝は隠居生活の私たちでも、さすがに忙しい。
朝7時すぎにワンコ達に起こされて起床。
ワンコ達の部屋の掃除をして、その間に人用とワンコ用の洗濯機を回す。
ワンコ達にご飯をあげ、お口を拭いてあげたら、簡単に部屋の掃除をして、そろそろ終わった洗濯ものを干す。
それからスープを仕込み火を付ける。弱火でスープを煮ている間、ワンコ達を庭で遊ばせる。
ダンナがチャーを散歩に行っている間、他の子をさらに遊ばせながら、庭と畑に水をやる。
チャーが散歩から帰ってきて、全員をハウスさせたら、やっと朝ごはん。
時間は9時30分頃。
10時過ぎにはプールに行く。
それが私たちの平日の日課。

この日のスープは、根菜類100gにピーマンや玉ねぎを100g。トマトジュースを1缶。
生姜とニンニクで香りをつけました。
味付けは塩。隠し味に自家製ベーコンほんの少し。
がんばって続けようと思います。



なんと!宮古島にはめずらしい、華やかな風景!
そう、この日は3か月に1度の「お着物でランチ」なのです。
01_20141120200818eb3.jpg 
宮古島でお着物を着て出かけるのは、けっこう楽しい。
05_20141120200825fe1.jpg 
ちなみに私はこんな感じ。
右手からでている白いのは、無視してください(苦笑)
母の大島。
ランチは、リゾートホテル・アラマンダの創作懐石「マラルンガ」。
02_2014112020333668b.jpg 03_201411202008233f7.jpg
秋らしいお料理の数々。もちろん!松茸の土瓶蒸し!!!シメの秋刀魚ご飯は、もっと食べたい!っていうほど美味しかったです。
華やかで楽しいランチ、次は冬メニュー。新年会かな。



今、人生初!の大型工作にとりかかっています。
21_2014112020090262b.jpg 
外倉庫の棚です。長さ4mx高さ2mx奥行き70cm。材料を切るところから、全部自分たちでやります。
泳ぎながら、ベッドにはいってから、パソコンに向かって…構想を練りました。
いよいよ、材料を買ってとりかかりました。
完成したら、ご報告します。
11月中には完成予定です。

★ おまけ 「ママの楽しみ」 ★

ヒメは、最強・最恐のママ。さすがのチャーも素直に言うことをききます。
誰一人、はむかいません。
それをいいことに…
30_20141120200915e04.jpg 
気の向いたときに、息子たちにちょっかいを出します。
めずらしくオモチャで遊んでいるソラにのって、マウンティング。逃げるとおっかけて尻尾をくわえる。
「やめてよ~ママ~」って鳴いても、「へっへっへっ」と嬉しそうに追いかけまわす。
ホッとしているのはクー。今まではクーを攻撃してましたからね。
あーあ、かわいそうなソラくん。

★ おまけ 「やもり」 ★

夜、玄関の鏡を見ると、ん?
31_201411202046307a3.jpg 
左の端にヤモリ。まるで飾りのように。
古い中国の窓枠に、島の野性ポトス。古い電燈。…にヤモリ。
とっても馴染んでいるわ。
うーん。糞さえしなければ、居てもいいんだけどねぇ。
私はヤモリ「退治しない」派。



 


コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2014/11/20(木) 20:48:55|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

葉野菜カバー

ナイチは紅葉がキレイな季節なんだろうなぁ…。
こちらでは四季がちがいます。
ちょっとさびしい…。

でも、この時期、たくさんの花が満開を迎えています。
4年前、島に移住して初めて見て、感激しました。
51_20141117203928e5e.jpg 
トックリキワタの花です。桜のように花だけが咲きます。
遠目で見ると八重桜のよう。

 20141115_150656.jpg
その華やかさといったら!島で、一番好きな花です。
他にもブーゲンビリアが咲きこぼれています。
三線の先生のお宅の大鉢のブーゲンビリア。
50_2014111720422672e.jpg 
どうしたら、こんなに花がつくのだろう。
風に当てずに肥料をやる。蕾がついたら、ほっておく。…そうです。憧れるわぁ。



海シーズンがおわったら、畑と工作シーズンです。
ということで、こんなものを作ってみました。
31_20141117203042cdb.jpg 32_20141117203049e65.jpg
四角い箱。50cmx1mぐらい。とがった足つき。 上部はフタになっていて、網がはってあります。
これを設置するのは、畑。
33_20141117203051789.jpg 
畑の畝の上に設置。とがった足を土に打ち込んで固定します。
名付けて、“葉物野菜カバー”!
すさまじい宮古島の虫、なんでもすごい勢いで食べます。葉物野菜など、やっと育ったと思ったら一晩で消滅…。
なので、虫がはいらないカバーを作りました。草抜きも植えかえもできるよう、台風の時にはすぐに外せるよう、工夫しました。
34_20141117203053d94.jpg 
この過保護なカバーの中でそだてられるのは、ブロッコリー。
ちょうど種から芽をだしてきた、かわいい苗たち。
35_2014111720305170b.jpg 
立派に育つんだよ~~。ちなみに水も光も通します。
制作時間1時間半。エッヘン!いいでしょ!



「まいぱり」と言う果物ガーデンに行ってきました。
1周年の感謝イベントで、島人は無料なのです。無料に弱い私。
41_20141117203157111.jpg 
広い土地に、いろんな植物や果樹が植えてあります。
42_20141117203156574.jpg  
その中を、こんな電気カートで案内してもらいます。
43_20141117203201bf1.jpg 44_201411172032019b8.jpg 
パイナップルや、いろんな覚えきれないぐらいの果樹。ところどころに実がなっています。
あの果物って、こんな木なのね…うんうん、勉強になるわ。
宮古馬もいます。
45_20141117203151e37.jpg  46_20141117203325d7e.jpg 
気づくと、ダンナは「かわいい」とつぶやきながら、なでていました。
49_20141117203326370.jpg 
フレッシュフルーツのはいったソフトクリームを食べて、満足満足。
お友達にも会いました。
みんな、無料に弱いのかしら(笑)
47_20141117203327111.jpg 



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2014/11/17(月) 21:02:08|
  2. 畑・庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご飯は大事

久しぶりに、あたらす市場に行きました。
01_201411151902119f2.jpg 
パパイヤがたくさん並んでいます。今日のお目当ては、コレ。
02_201411151902160cb.jpg 
ローゼル。
お友達のブログを見て、「あ、私も買いに行かなくちゃ」と、急いで出かけました。
 さっそくジャムに。
03_20141115190217dca.jpg  
小さいほうずきのような形。中に種がはいっています。使うのは外側の“ガク”の部分だけ。
04_20141115190220463.jpg 
鍋に額とお水とお砂糖と入れて、火にかけます。
05_201411151902194cf.jpg 06_201411151902386c2.jpg
あっと言う間に、どんどん煮えて溶けていきます。10分もしないうちに、あ~ら不思議。とろとろのとろみ。
長く煮詰めることもなく、コーンスターチを入れる手間もなく、とろみがついたジャムに。
たぶん、一番簡単なジャムです。
07_20141115190239748.jpg 
真っ赤でキレイな色。味はレモンのように酸っぱい。ケーキやお菓子にも重宝します。
お茶にしてもおいしいです。



海老料理は続く。
かき揚につづいて、ナスと海老のオイスターソースを入れた中華風煮物。
14_20141115190316bbe.jpg 15_20141115190318b82.jpg
前回、海老豆が美味しかったので。煮ても、とっても味が出て美味しいと分かりました。
ちなみにこの日のメイン料理は鶏の北京ダック風。テンメンジャンを塗ったパンにはさんで食べます。
私の好きなメニュー。

さらに海老料理は続く。
おもいついて、“海老めし”を作って見ました。
10_201411151902421e8.jpg 
さすがに海老の頭は硬いので、ツンツンと痛い頭の殻はとりました。
ご飯を炊くときに、海老(生)と針生姜と粉末出汁少々を入れて、普通に炊きました。
炊いている途中から、広がる海老の美味しそうな香り…ひろがるひろがる…
炊ける前から、期待させるぞ~~~。
11_20141115190244e54.jpg 12_20141115190245094.jpg
その間に、取った海老の頭をフライパンでから煎りして、すり鉢でゴリゴリ。
粉末にしました。
香ばしいだけだと思っていたのですが、なんと!海老の頭の味噌が、大変なコクとうまみ。
そして、完成!
13_20141115190337ad8.jpg 
海老飯! 上にパラリとふりかけ。
素晴らしい香りとうまみです。宮古島の海の旨み、ギュっ!
久々のヒット。お店に出したい味でした。これは本当に美味しかった。



ご飯は大事。

私たちのように、仕事もしていない隠居生活。
一番大事なのは、晩ご飯。
「今日、何食べる?」は、夫婦の朝会の最重要議題。
お店だって限られるし、外食はお金がかかる。もちろん、ウチで美味しいものを作るしかない。お金も材料も限られるが、たっぷり時間はある。がんばれば、美味しいものを作れる。ときどき、失敗して凹むけど。

幸せに生きることが、隠居生活の目的ならば、料理は一番近道の方法。
自分で手間をかけ、工夫して作った料理を、夫婦二人で「うま~い!」と自画自賛して食べる瞬間が、今日の幸せ目的達成の瞬間。

昔、石毛直道先生とご一緒に仕事をさせてもらった時期がある。
先生は健康診断で少し食生活を制限するように言われたそうだ。
その時、先生は「私は生きるために食べるんじゃなく、食べるために生きているんです」とおっしゃったらしい。
(そう、記憶しています。定かではありません。間違っていたら、先生、ごめんなさい。)
なんと、カッコいい言葉なんだろう。

健康のために栄養をとることが、ご飯じゃない。

幸せになるために、食べている。一人でも二人でもみんなでも、作ったものでも買ってきたものでも、大切に食べよう。

海老だって、今まであの海で生きていたんだから。頭の殻ひとつも無駄にせず食べよう。
豚だってウシだって鶏だって、野菜だって。ひとつひとつが命でてきている。ちゃんと食べてあげよう。

私は有機野菜とは農薬とか、添加物とか、正直、あまり気にしない方だ。
食べることに、幸せを感じることが、一番大事だと思っている。
きっと一流農家が作るトマトの方が美味しいのだろうけれど、自分で作ればそれだけ、楽しいし幸せが増す。
だから、自分で作ったりする。
マクドナルドも好きだ。「美味しいね」と感じられれば、ジャンクフードでも構わない。

ただ、エサのように、「とりあえず」、口に入れるだけの食事は最低だ。
どんなに高価で質の高い野菜で作られていても、そんなものは食事じゃない。と、思っている。

海に入らない、今のシーズン。
がんばって、美味しい生活に努力をしよう。
めげる日もあるけれど、できる限り手間を惜しまず作ろうと、最近、思った。








コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2014/11/15(土) 19:36:43|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

手作りオヤツとゴハン

食欲の秋。
…いいえ、夏も冬も春も食欲あります。
今週の美味しいゴハンと、手作りオヤツ、紹介します。



★ たこ焼きでハニーカステラ~ ★

たこ焼きが食べたくなって、急に作りました。その後、前から試してみたかった、コレ。
20141105_152619.jpg 
タコ焼き器で、ホットケーキミックスの生地を焼いたら?
用意したのは、ちょっと卵多めのホットケーキミックスの生地。蜂蜜を入れて少し甘さを足してあります。
残っていたこし餡も。
20141105_152716.jpg  
まずは穴にバターをちょっと入れて火をつけます。
20141105_152940.jpg 
穴の半分ぐらい、生地をいれます。これがコツ1。膨れるので、必ず半分。
20141105_153128.jpg 
火を止めたり付けたりしながら、余熱で焼くようにします。これがコツ2。たこ焼きとちがってすぐにこげます。
焼けたら2つをフタにするようにかぶせます。この前に餡を入れたりします。
あとはタコ焼きと同じ。クルクルひっくりかえして形を整えます。
20141105_155201.jpg 
こんな感じ。
20141105_155325.jpg
できたては、外がカリッとバターの味がして美味しい。
冷めても美味しいです。

お子様がいらっしゃるお宅、たこ焼きの後、おすすめです。
チョコやカスタードやジャムでも美味しいかも。


★ 獲ってきたエビでかき揚丼 ★

海老獲りに行っています。
といっても、大潮のときしか行きません。他の日にも行けると思うのですが、いい状態ではありません。
大潮は満月の時と新月の時があります。満月の時は海老が出てこない。
明るすぎて昼と思うのでしょうか。砂にもぐったまま。
なので、ベストコンディションは、月に1度、新月の日とその前後。しかも雨無し強風なし。という条件。

この日は満月でしたが、☁だったので、試しに行きました。
う~ん、やっぱりあまり獲れず…。といっても小さいのをあわせて100匹は超えました。

↓ この写真は前回のもの。大物ありの写真です。
20141108 175024 
この海老、前回は海老豆にして美味しく頂きましたが、今回はやっぱり王道のかき揚に。
旦那が「天丼が食べたいなぁ」と言っていたので、豪華天丼に!
20141108_175025.jpg 
海老も、かりっさくっと美味く揚げられました。カボチャ、シソ、ナス、みょうがも。
ね、豪華天丼でしょ♡
と~~~っても美味しかったです。
次の新月がた・の・し・み♪

★ 手打ちパスタ ★

歯ごたえのあるパスタが食べたい。
思い立って、今日は手打ちパスタ。

で、ジャーン。イタリア製パスタマシーン。
20141109_161931.jpg 
生地は水無しの卵麺。 強力粉200g+卵2個+オリーブオイル大匙2+塩小さじ1
ボールの中でまとめたら、ビニールに入れて足で踏んで、30分ほどほっておく。
その間にミートソースや、クリームソースを作っておきます。
さて、生地が寝たところで。
20141109_163411.jpg 
まずは厚めになんどかのばすと、キレイな生地に。仕上げに打ち粉をしてから、ちょっと厚めの生地にのばします。
20141109_163740.jpg 
これぐらい。
20141109_163947.jpg 
いよいよ、切ります。パスタマシーンで、均一に。
20141109_164259.jpg 
切った麺を干します。なんと、パスタ干しマシーンまであるのです。もらったんですよ。島に来る前に。
ちょっとでも干しておくと、コシがでます。
この間に、重力で少し細くなるので、厚め太めでちょうどよいパスタになります。
20141109_172720.jpg
こんなキレイな手打ちパスタができました。
思い立ってから、1時間半ぐらい。

生パスタの茹で時間は2分ほど。
なので、全て用意してお皿もあたためてから、茹でます。
今日のソースは、2種類。トマトミートソースと、自家製ベーコンのクリームソース。
20141109_173406.jpg 20141109_173413.jpg
おお!美味しそうにできました。
20141109_173716.jpg 
ソースがしっかりと絡んだ本格パスタができました。
フレッシュトマトのブルスケッタもつけました。

強力粉だけなので、少し硬め。コシが強くしっかりとした歯ごたえ。薄力粉を入れた方が、もうちょっと、モチモチ感がでるかもしれません。お好みですね。
粉200gのパスタ、食べきりの量。
これぐらいなら、手軽に作れますね。マシーンがなくても、麺棒で延ばして幅広に切っても美味しいかも。
今度はラザニアを作るかな。

大変かも…と思う前に、やってみると楽しいです。
あまり量を多くすると疲れちゃうけど。


★ 自転車 ★

電動自転車、買いました。ダンナ専用です。
2015.jpg 
ちょっと落ち込んでいたので、これで元気出してもらおうと、大枚はたきました。
顔は出していませんが、満面の笑みです。
さっそく、町中へ一人でおでかけ。活動範囲がグンと増えました。

いつも、私と一緒か、私が車で送り迎えをしていました。
これがあれば、「ちょっと行って来るね」と、出かけられます。必要な場所にはほぼどこでも行けます。
新しい生活が始まるようなウキウキした感じ。

「行ってらっしゃ~い」と笑顔で送り出しますが、本当は心配でしょうがない私。
久しぶりに乗ったんだからね。転ばないように。車に気をつけて。
本当に気をつけてね。









コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2014/11/09(日) 23:37:34|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏から冬へ

11月に入りました。本州はもう晩秋の頃でしょうか。

10月末、まだ暑い。そう30度近くありました。
半袖でも日射しは強く、作業をすると汗ばむほど。扇風機も回しました。
 
空気は乾いて日射しは強い。
お洗濯びより。
01_20141105093355d24.jpg
枕元のお人形も洗いました。
入院中の母に父が買ってきたもの。
突然の意外なプレゼントに「あら、かわいい」と喜んだ母。「似てたから」と父。その時のことを覚えています。
よほど嬉しかったのでしょう、母は退院後もずっと死ぬまで枕元に置いていました。
もう30年も前になるんですね。
その父も母も、もういません。

夫婦でいるってことを、考えました。
慣れすぎてあたりまえになっていたこと。
あと、何年一緒なのか。これから先、どんな日々が待っているのか。
軸は二人。
♪タテの糸はあなた~♪と、歌いながら、楽しい毎日にしよう。
今日は何が食べたいかなぁ。



しかし暑かった。ので、久々にざるそばを食べに行きました。
 03_20141105093402579.jpg
喜平さん。
東京でいつも出前をとっていた蕎麦屋さん。偶然にも宮古島へ。
ごめんね、原宿の友達。遠すぎて出前に行けなくなりました。って。
 02_20141105093400bba.jpg
前の通りでは、高校の駅伝大会。応援の声が飛ぶ。がんばれ!
暑い…。



…と、思ったら、一転! 寒い!
06_20141105093430322.jpg
またまた台風の影響で、日射しもなく北風。
気温は25度(それでも!)。強い北風で寒さを強く感じる。
半袖から、長袖へ。しかもトレーナーまで着る。

そんな寒さの中、クーをシャンプーしてもらいに行きました。
暑い日に3匹までカット&シャンプーしたのですが、クーとダイが残った。
ダイはちっちゃいので、お風呂でちゃちゃっとできるのですが、クーは大変。
毛深くて大きくて、しかも嫌がる。素直に友達のトリマーさんへお願い。

シャンプーの間、私たちは近くのカフェでケーキを楽しむ。ふふふ。
08_201411050934355a5.jpg 
熱くて美味しいコーヒー。何種類もの手作りケーキ。ああ、時々は、ね。
↓ これはダイです。
09_20141105093435762.jpg
ときどき、1匹だけお出かけに連れて行きます。この日はダイ。
寒いねぇ。耳が風でブンブン。口になぜか土がついている。
待っている間、サンゴをかじりましたね!こら!ダイ!

こちらはクー。怒った顔してます。不満ブーブーです。
07_20141105093432711.jpg 
お尻にも耳にも巨大な毛だまがあった…。
ごめんね、クー。
日ごろ、ちゃんとブラッシングしてあげなくちゃ、って、思うんだけどねぇ。



寒い小雨の日が続くので、ダンナのレコードの整理をしました。
500枚ぐらいあるのかなぁ。
私のレコードは1割ぐらい。
その中の一番のお気に入りは、これ、エラ・フィッツジェラルドのエラ・イン・ベルリン。
12_20141105093459382.jpg  
楽しすぎる。すごすぎる。何度聞いても、笑っちゃうぐらいすごい。
あまりに乗ってきたので、ダンナと踊りました。(笑)

ダンナのレコードのレアは、やっぱりフォーク。
10_20141105093437f7e.jpg 
ジャケットでわかる人は、かなりの通。しかもある年齢以上。
左上は、浅川マキ。グレイのジミっぽいのは、なんと井上陽水「断絶」というアルバム。
右下は加川良。真ん中下は「休みの国」。
右上は斎藤哲夫。斎藤さんは2年前、宮古島でコンサートを開いてくれた。
会いに行ったら、覚えていてくれて、ダンナといろんな話をしていた。
アルバムのタイトルは奇遇にも「僕の古い友達」。

そしておそらく、一番レアだと私が思うのは、これ。 
11_2014110514453107f.jpg
1971年中津川フォークジャンボリー。
日本のウッドストックを目指し、当時のたくさんのアーティストが参加。
今では野外コンサートは当たり前だけど、当時は画期的。
吉田拓郎が幕間で「人間なんて」を歌った、伝説のイベント。

他にも、吉田みなこ、伊藤銀二、はっぴぃえんど…ぜったいにCD化されていないだろうな、と思われるレコードがいっぱい。

目の下にドーンと広がる、南の島の青い海を見ながら聞くレコード。
贅沢だわぁ。
今度、聞きにきてね。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2014/11/05(水) 10:08:57|
  2. 景色・空・海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (29)
ワンコ (88)
ごはん (60)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム