クーの毎日

晴れた日。

晴れた日がつづいていました。
Tシャツに軽い上着でポカポカと過ごせる。気持ちのいい日。
庭から見た伊良部島。
01_201501272351457d3.jpg 
伊良部島に、橋がかかりました。長年の島の夢。
記念ウォークの日の空と海は、すばらしい青でした。
来月には、橋をわたって島に行けます。あの青の海の上を渡れるのです。
深い青の空を飛ぶように、渡っていきたいと思います。
祝!伊良部大橋完成!



ワンコ達は長い時間、お庭に出してもらって、幸せ。
キャプチャ 
久しぶりの「行って来い」遊び。オヤツをもった私とダンナの間を走りまわる。
クーとヒメは、どちらか1か所で、オヤツをもらおうとする。
もう歳だものね(笑)。

暖かい陽だまり。オリーブの木陰にベッドを移動してあげました。
クーは1日中、うつらうつらポカポカとひなたぼっこをしています。
02_201501272353340d6.jpg 
ときどきは、ダンナもひなたぼっこ。
03_20150127235338a05.jpg 
クーも最初は腕枕だったのですが…そのうちに“腕お尻”に…これこれ、それは失礼だわ。
いつもクーはダンナと一緒にしか寝ません。
夜、ちょっと尻尾をふってダンナの顔を2度ほどなめて、おもむろにダンナの腕の中にはいります。
朝起きると、ちゃんと腕枕で寝ています。
ダンナが先に起きると、やっと「しょうがないな」と起きます。
歳をとって、何をするのもゆっくり。庭で遊ぶときも、めったに走りません。
05_20150127235342441.jpg 06_2015012723534097a.jpg  
トイレをすませたら、すぐにお家にはいる。歩く時は、できれば石の上。
「都会育ちだからね、芝生はチクチクして苦手なんだ。」 そんな、ちょっとひ弱なクーさん。
ハンサムで穏やかなパパ、クー。
04_20150128001614a02.jpg  
少し白内障がすすんだのか、耳も少し遠くなったのか、それとも面倒なのか、反応にぶし。
でも、愛しいヤツです。ちょっとわがままが可愛い。
人間のようなクーさん。無理せず、キミのペースでOKよ。

朝、ベランダに出すと、チャーはまず道の様子を見に行きます。
 10_20150127235437373.jpg
どんどん外に興味が強くなるようです。
裏庭のドアをカリカリと掘って、外に出ようと顔を出したりします。危ない。
だから、なるだけ、外に連れて行ってあげます。
11_2015012723544227b.jpg 
散歩の時は、ちゃんとダンナのスピードに合わせて、横を歩く賢いヤツです。
昼を買いにコンビニまで行くとき、気まぐれにドライブに誘ってやります。 「チャー、行く?」 「行く!」
車に乗ると、ダイは固まって座ったまま。ソラは鳴き出す(笑)。そして、チャーは…
12_201501272354417e0.jpg
助手席にすっくと立って、外を見る。(笑) あぶないよ。なんか、エラそうだわぁ。(笑)
13_201501272351508b3.jpg 
好奇心いっぱいのキミ、そんなワクワクしたオリーブ色の目を、とても愛しております。



洗濯して、毛布まで洗濯して、庭の草むしりもして、それでもまだ晴れが続く。
こんな日は庭で三線の稽古などしてみました。
21_2015012723544626b.jpg 22_20150127235444767.jpg
ああ、気持いい。サトウキビ畑や、海や、伊良部島や、空や…。三線の音は外で聞くのがいいねぇ。歌もうまくなった気がする。
伊良部島を見ながら、ブランコに座って「伊良部とうがに」を歌うのが目標なんだけど。
「伊良部とうがに」は、伊良部島と宮古島とに離れた恋人同士の歌
でも、橋ができちゃったわ(笑)



先日、こんなミニ万能コンロを手に入れました。
32_20150127235530e00.jpg 
晴れていたので、さっそく夫婦二人でバーベキュー。
31_201501272355273ea.jpg 
炭もちょっとなので、楽ちん。
33_20150127235533f46.jpg 35_20150127235532d48.jpg 
おいしい。たのしい。
何よりの贅沢かもしれない。
どんな高い高級焼き肉より、庭で食べるバーベキューが贅沢!
34_20150127235529a00.jpg 
青い空、心地よい風、肉の焼ける美味しい匂い、そして足元には、「ボクもちょうだい」とせがむワンコ。
ああ、これが幸せってものかもしれない。
シメは餅。ちょっと遅い鏡開き。
 
バーベキューの途中、大きな丸い夕陽が伊良部島に沈んでいきました。
36_20150127235150b37.jpg 
そろそろかたづけないと、暗くなります。
片づけは簡単。その日はフタをして空気穴を閉じておくだけ。1時間もすれば火も消えて冷めています。
37_20150127235631d3a.jpg
翌日、中の網をキッチンで洗う。小さいって楽。
このバーベキューコンロがすっぽり収まる、庭用テーブルが作りたくなった。
作りたい作りたい。

作りたいものが多すぎる。
庭用テーブル、庭の2つの扉を新しくする、少し使いにくくなった郵便箱を新しくする、キッチン横の棚の扉をつける、溢れてきた本をしまえるように棚板を増やす、庭と玄関にドッグランのように2重の囲いを作る…ほかにも…
必要性が高いのは、キッチンの扉、材料がすでにあるのは庭の扉、でも作りたいのはテーブル。
頭の中で、なんども設計図を組み立てる。
この間が、楽しいの。





暗いニュースが多すぎる。暗い時代になってきたような気がする。
この年齢になって政治に怒りを感じるようになるなんて、思いもしなかった。
テレビのニュースを見るのが辛くて怖くて、つい、耳と目をふさごうとしてしまう。
でも、黒い雲は、否応なしにはいってきて、胸の中まで吸い込まれ、鉛のようにたまっていく。
自分の生活が、あまりにお気楽に見えて、罪悪感とあせりと感じる。
だからといって、私の毎日を止めるわけにはいかない。

長い歴史の中で、このような悲劇や苦しみは、絶えることなく続いてきた。ただそれが、自分の周りにも、今、波のように周期的に打ち寄せてきただけかもしれない。
その中で、ずっとずっと人は生きてきて、暮らしてきた。

普通に前向きに、毎日を暮らす。
大切に、今の幸せな毎日を過ごす。
ダンナとバーベキューをして、節約して、自分でご飯をつくって、犬を洗ってやって、友達と歌を歌って、泳いで、土をいじって、遠くの友達にメールをして、そうじをして、草むしりをして、郵便箱をつくって、お漬物をつけて…
そして、平和を心から祈って。

はしゃぐわけでもなく、暗くなるわけでもなく、胸に鉛を抱えながらも、今、できることをしておく。それがこれからの日本の当たり前の日常になるのだろうと思う。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 00:54:33|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

超手抜きケーキ

今週は大潮の新月。ということは…海老取りの週です。潮がいいのはほぼ1週間。
さすがに毎日行くと、体力がもたないので、3日~5日を目指します。
それまでに、ウキウキと道具を点検。
31_20150123150821e11.jpg 32_20150123150844f69.jpg
こんな網(緑)を作りました。
右の網で海老をとって、緑の網にポイポイと入れていきます。
評判が良かったので、友達二人分も作成。
釣具屋さんに網を買いに行くと、3日目にさすがに「昨日も来ましたよね」と言われました。

海老、取らなくちゃ。貴重な食材ですもの。

★ アジアン・プレート ★

獲ってきたばかりの海老にくわえ、お友達からキレイなパクチーをたくさんいただきました。
大好き!なのでアジアン・プレートにしました。
21_2015012315081582a.jpg 
パクチーだけの炒飯に海老のココナッツオイル炒めとパクチーたくさん。レモンを絞っていただく。
鶏のパリパリ皮焼き、ミントとバジル(自家製)のアジアンソース。
ミジュン(こいわし)の南蛮漬け。
ホウレンソウのオイスターソース炒め、ウチのトマトと茎ブロッコリー。
22_20150123151440508.jpg 
海老のココナツオイル炒め、最強!うまうま!ココナツオイルのかすかな甘い香りが絶品!
まるでどこかのアジアンレストランに来たようでした。
(言いすぎ?(笑))

★ うぶしゅ ★

翌日のご飯は和食。
スーパーで「うぶしゅう」のお刺身を見て衝動買い。
24_20150123150820d41.jpg 
うぶしゅう=スマカツオ(サバ科)
1月、2月にしか獲れない貴重な魚。尖閣諸島近辺で獲れるそうだ。
せっかく宮古島に住んでいるのだから、食べなくちゃ。
1パック(2人前)400円。ちょっと高いか…。...
味は中トロのような甘い脂。しかも後味は赤身のようなすっきり感。
これは美味しい。贅沢だわ。
恵方巻に入れましょう。
ちなみにこの日のメニューは、他に肉団子と椎茸とニラの小鍋。

★ ミジュンの南蛮漬け ★

このところ、欠かさない常備菜、「ミジュンの南蛮漬け」
23_2015012315081951a.jpg 
ミジュンとは小イワシのこと。沖縄ではよく食べられる。
マイワシは手に入りにくい。宮古島でも沖縄でも獲れるミジュンは、スーパーで頭付のものや頭をとったものがパックで売られている。たっぷりの玉ねぎと人参を千切りにして、甘酢につけ、揚げたミジュンをつける。
これさえあれば、副菜はOK!
体にも良くて、とっても美味しい。かかせません。

★ 外食 ★

次々と新しいお店ができています。
となると、行ってみたいもの。
東京・渋谷に住んでいた時には、店が多すぎて行く気にもなれませんでしたが、ここでは新しいお店に行くのが楽しみ。

まずは「虎猫」さん。
20150113_132729.jpg 
ランチ。カレーはかなり美味しい。値段もGOOD。ダンナはハンバーグ。これもトロトロで美味しかったそうです。
日替わりは本当に毎日、違うものを出すという、努力が感じられるお店。

次は新しくできた焼き肉屋さん。
20150122_123845.jpg 
オシャレな店内で、七輪で焼きながら食べる、焼き肉定食。ランチで1200円。
US牛のハラミと中落ち。けっこうなボリュームで、大満足でした。
ご飯もおかわりできます。
ちなみに宮古牛だと2000円だそうです。

★ 超手抜きケーキ ★

お客様が来られるのに、何もなかったので、急きょ、超速手抜きケーキを作ることにしました。
ついでに時間も計ってみました。
全てホットケーキミックスで作ります。伊東家の食卓アレンジVer.です。
味は「超うまっ!」なほどではありません。ホットケーキミックスの味です。
でも、「へぇ~」と感心されるぐらいの、簡単さです。

  01_20150123155728ce8.jpg  
ホットケーキミックス1袋(200g) 無塩バター50g 卵2個 牛乳 砂糖 サラダオイル
パイ皿、耐熱ボウル1、ボウル1、泡だて器、麺棒、サランラップ、ゴムヘラ、秤
さあ、開始。
まずはオーブントースターを温め(180度ぐらい)、パイ皿にオイルを塗ります。
ボウルにHM(=ホットケーキミックス)120gを入れ、バター50gを手でちぎり入れながら混ぜます。
02_201501231553372be.jpg 
こんな感じになって、手でひとまとめにできればOK。ぱさぱさならば、牛乳を小さじ1ほど入れて。
03_2015012315534127a.jpg 
のばす時は、パイ皿の底(ウチのは底が抜けるタイプ)の上に生地を乗せ、上下をラップで挟んで、その上から麺棒でのばす。
(こうすると麺棒を洗わなくてすみます。)
04_20150123155341b15.jpg 
ちょいちょい、と縁ものばして。もちろん麺棒など使わなくて、手でのばしても全然OK。
温めておいたオーブンへ入れる。 
→ここまでで10分。
焼いている間に、他の材料を作る。
05_20150123155342231.jpg 
カスタードクリーム:耐熱ボウル(右): 牛乳150cc+卵黄2個分+砂糖大匙3倍+HM大匙1強
スポンジ: HM80g弱+牛乳50cc+卵白2個分
◎カスタードクリームと台を同時並行で作ります。

まずは、カスタードクリーム
軽くラップをかけて、電子レンジ500wで1分チン!→出して泡だて器でまぜる。
再び、500wで1分チン!→よく混ぜる …を4回繰り返すだけ。
06_20150123155400e6a.jpg 
2回目。周りが少し固まっている。
07_20150123155402831.jpg 
3回目。かなりできている。
08_20150123155404d9a.jpg 
よくかき混ぜると、なめらかなカスタードクリームの出来上がり!

で、途中、台の様子も見る。
09-1_2015012315540967b.jpg 09-2_20150123155406400.jpg
手で触ってへこまないぐらいに焼けたらOK。だいたい7~8分。ここにスポンジの生地を流し込み、再びオーブンへ。
焼けるまでは5分程度。
すでにカスタードができていれば、この間に上に乗せるフルーツを切ったり、生クリームを泡だてたり、洗いものをしたりしましょう。

10_20150123155430961.jpg  
やきあがり。ここまでで25分。
11_2015012315543128d.jpg 
カスタードクリームをたっぷり塗れば、後は飾るだけ。
だいたい、25分程度で完成します。
 
この時はフルーツもなかったので、手作りジャムを塗ることにしました。
12_20150123155433179.jpg 
いただいた無農薬レモンのマーマレードに、ローゼルのジャムを乗せて。
13_20150123155435f7d.jpg 
生クリームが余っていたので、泡だてて…ちょっとやりすぎか…。
14_2015012315073715d.jpg 
切って見ると、こんな感じ。
下にはクッキー台、スポンジ部分、カスタードの、3層。
スポンジがカスタードの水分を吸ってくれるので、しっかりしたケーキになります。
上に乗せるフルーツで、いかようにも豪華な感じに。

どんなにゆっくり作っても、1時間はかかりません。
おためしください。
カスタードクリームに生クリームを入れたり、生地部分にナッツを入れたりすると、また工夫が。
生地部分はもう少し、薄くてもいいかもしれません。
200gのHMを使い切る分量です。


★ 仲良し夫婦 ★

ダンナが「仲良いね」と言っている。見ると…クーとヒメがカゴの中に一緒に入っていました。
40_20150123151441f77.jpg 
庭に面した日当たりのいい場所に、カゴを置いています。ぬくぬくと気持ちいい。ちゃんと2つ置いてあるのに、ね。
ヒメがクーの寝ているところに無理やりはいったようです。
怒らないクー。甘えたのヒメ。
仲良くね♡







コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2015/01/23(金) 16:35:44|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

工作もやってます。

工作もやってます。
物置の棚、外のゴミ箱に続き、課題だった台所まわりのリフォームに取り組みました。

調理台の上はこんな感じ。
まな板の向こうが見えにくく、掃除しにくいこと、お玉スタンドも同様でしかも場所をとる。
なんとかしたい。
01_201501151944396ea.jpg 
まずはまな板を棚の下に納めました。
02_201501151944398de.jpg 
次はお玉類。他にもフタが出しにくくて、ついついコンロ周りに置きっぱなしにしていました。油が飛んで、使っていないフタまで洗うはめになってました。これもなんとかしなくては。
で、調理台下に引き出しを作りました。
05_20150115194446d33.jpg 07_20150115195929805.jpg 08_20150115194719d51.jpg
引き出しは2つ。左にはフタ類とお玉類。右の引き出しには、油や酢などの調味料。さらにその右には、お米。
お米入れも、車付台をつくって、軽く引き出せるようにしました。
06_20150115194715231.jpg
お玉類は、ひっかけられるようにしています。
スタンドに入れると、取りだすときに、いつも何かにひっかかって、取りだしにくかったので、工夫しました。
10_20150115194723cc7.jpg
今、使っているお玉とフタだけは、おけるようにしました。他はスッキリ。
置きたかったフードプロセッサーとバーミックスもこちらへ移動。もう、いちいち出さなくてもOK。電源コードも引いてきました。
プチリフォーム完了!

★ 台所下のリフォームの歴史 ★

住み始めて以来、台所に、少しずつ、少しずつ、改良を加えています。

1. 改造第1段: 調理台下の扉
  ↓  BEFORE
 21_201501151947252fb.jpg  
調理台下もシンク下も扉もついていませんでした。
困ったことに、風下になるため、埃や犬の毛がすぐにたまる。調味料やお米があるため、深刻な悩み。
 ↓ AFTER
22_20150115194747401.jpg 27_20150115194753f48.jpg
とにかく、扉をつけました。 ポイントはキッチリとした寸法。床との隙間はコイン1枚分。これで毛は入らなくなりました。
これが改造第1段。

2.改造第2段: シンク下の引き出し型ゴミ箱
  ↓  BEFORE
24_20150115194748597.jpg
シンク下。最初はこんなんでした。分別ごみ箱をいくつか置いていました。奥のペットボトル用ゴミ箱は捨てにくかった。しかもチョっとずつしか入らなかった。
 ↓ AFTER
25_201501151947508b4.jpg 
引き出し式のゴミ箱をつけました。真ん中の小さな引き出しには、洗剤類。分別しきりをつけ、たっぷりゴミが入ります。
今回の改造を加え、調理台下、シンク下が全て引き出しに。
26_20150115194752d07.jpg 
今回の引き出しは、全て廃材で作ったので、なんか古びた感じになってしまいました。
それも、また、いいかな。


04_201501151944421b2.jpg

ウチはシステムキッチンではありません。
ステンレスシンクをステンレス屋さんに注文し、大工さんが台を作ってくれました。
だから引き出しも扉も何にもなし。
家を建てている時、安くするためにいろいろ考えていました。無駄なく自分で工夫ができて、少しずつ改良できる家。
結局、近いのが「天然生活」的な、昭和の手作り内装。
今になって、もうちょっと、こだわっても良かったのかなぁと、思ったりもしてますが(笑)
とにかく、自分で手をいれて、改造するしかない。
それも、また、楽しい。
「憧れの」キッチンではないけれど、深い愛着のあるキッチンです。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2015/01/15(木) 20:28:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蟹と温泉

このところ、宮古島はすごしやすい気候です。
晴れるとポカポカ。小春日和。
ワンコ達の散歩には、ちょうど良い気候です。

★ 散歩 ★

近くのサトウキビ畑では、あちこちで収穫風景がみられます。
 01_201501131947569d2.jpg
私たちも5回目の冬を迎え、キビ倒し(サトウキビの収穫)を見ると、「そんな季節になったな」と思うようになりました。

朝、庭で遊ばせた後、2回にわけて散歩に行きます。
だいたい、1回目=こどもたち。2回目=クーとヒメ。
二人で5匹散歩は可能なのですが、もし、放れ犬などが来て騒動になった時、抱っこできるのが3匹までなので、2回にわけています。
こどもたちと、1回目の散歩。
ダイとソラは、余裕なく、前に行こう前に行こうと必死に歩く。チャーは余裕で、ときどき私たちの顔を見上げながら歩く。
でも、気をつけていないと、チャッと何かを見つけて舐めようとする。危険。
11_201501131946306be.jpg  
↑ 映像があります。コチラから。
ご近所の人に会ったら、お喋りをしながら。ゆっくりと。
04_201501131945440de.jpg 
私の大好きな集落の間の小道。
入口に新しい家が建ちました。
05_2015011319454399f.jpg 
今、ウチの周辺は建築ラッシュ。2軒の個人住宅にくわえ、大きなアパートまで建築中です。来た時から随分建物が増えました。
同じコースを2回目の散歩。チャーはおまけの2回目。
06_20150113194539078.jpg 
こどもたちだけの時より、ずいぶん足が遅いクーとヒメ。ゆっくりめに歩きます。
…にしても、チャー、大きくなったなぁ…。
07_2015011319463169f.jpg 
左がクー。右がチャー。もう、パパを超えて、誰より大きい。
体重はクーの方が少し重いのですが、チャーの方が身長がある。
でかい…。

★ プレゼント ★

うれしい、とっても嬉しいプレゼントが届きました。
兄の家族から。
兄嫁が選んでくれた、「ふろしきバッグ」。
21_2015011319463521f.jpg 
着物を着る時に持つバッグがなくて、ちょっとさみしい思いをしていました。
どうして分かったのかしら。好きな風呂敷で、どんなバッグにも変身します。
22_20150113194635986.jpg 
そして、アロマ・ディフューザー。甥っ子が選んでくれました。
無印に行った時、何度も欲しいなぁ、と思ったけれど、ちょっと高いのであきらめていたもの。
香りも私の大好きなかんきつ系。
知ってたのかしら。

一度も言ったことはなかったのに、欲しかったものをわかってくれていたなんて!
私の気持ちを考えながら、プレゼントを選んでくれたんだ。そう思っただけで、ウルウルしてしまいました。
私には、こんなに優しい家族がいたんだと、幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。

誕生日に、喧嘩した自分を反省。
私、幸せ者です。
本当にありがとう。感謝。

★ 蟹と温泉! ★

南の島に住んでいると、手にはいらないものがあります。
田舎が福井だった私にとって、けっこう簡単に手に入っていたもの…。
雪を見ながら、蟹を食べ、温泉に入る…南の島からでは、あまりに遠くて、ため息がでる贅沢。

し、しか~~~し! 宮古島でも手に入ることもあるんです!

ホテルで2日間限定の「蟹バイキング」!
行ってきました。
31_2015011319463562f.jpg 
おおおっ!山と盛られたズワイガニとタラバガニ!ははははは!よしっ!
他の料理には一切、目もくれず、お皿にはただただズワイガニ。
さあ!いくぞ!!

子供の頃から蟹を食べていた私、食べ方には自信あり。
スプーンみたいなので、ホジホジなんてしてたらダメ!身の食感があじわえません。食べ残しが出るしスピードも遅い。
足の根元の関節をハサミで切り落とす。反対側は関節のちょっと下に、少しハサミを入れる。ハサミを入れた部分を手で折って、引っ張ると…ほらっ!蟹の足の身がつるりと出てきます。タレをつけて一口でパクリ。
32_201501131947566c8.jpg
あああああっあああああっ!蟹だ!蟹よ!
(当たり前です)

無口でスゴイスピードで食べる食べる食べる。
パチンパチン、ズボッ、タレ、パクリ。パチンパチン、ズボッ、タレ、パクリ…。
33_20150113195114c55.jpg 
つみあがる殻の山。
他のテーブルでは、お皿に殻が積まれるぐらいですが、ウチのテーブルだけトレイいっぱいに殻の山が。
食べては積み上げ、また蟹だけを山盛りに取りに行き、また食べる。しかもすごいスピードで。
さすがに3回にお腹がいっぱいに。

一緒にいった友人「人生でこんなに蟹を食べたことはない」。ほどに食べました。
しばらく、蟹はいりません。

やっと他の料理も。でも、お腹がいっぱいで…。味見程度しか食べられませんでした。
34_20150113194700a77.jpg 
デザートのケーキは何種類も食べました。
ダンナが悔しそうに一言「思ったより食べられなかった」
いえいえ。
2800円。もちろん、十分すぎるぐらい、元をとったと思います。

その後、お友達の会員証を頼って、シギラ黄金温泉へ。
500円。
海を見ながら、ゆっくり露天風呂。
ああ~~気持ちいい。

しめて3300円。
あまりの楽しさと満足感で、次の日、ちょっとぼんやりしてしまいました。それほどのイベントでした。

次は来年だなぁ。

★ おまけ ★

その前日、今、話題のマクドナルドに行きました。
割引券を持って。
35_20150113194701a5f.jpg
ダブルマックと、フィレオフィッシュ、ブレンドコーヒーSと、アップルパイ2個。しめて580円。
安い。
マクドナルドで高い値段は払いたくないが、安すぎて何が入っているかわからないのも嫌だ。
う~ん。と言いながら、値段に負けた私たち。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2015/01/13(火) 20:46:00|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

島海老料理

昨年から、えびえびえび!と騒いでおります。
いままでも、ちょこちょこ紹介してきましたが、
ここで、海老を使った料理をまとめてみました。

きれいな海で獲ってきた新鮮そのものの海老。
頭のミソも、まったく生臭みがありません。
くせもなく、ほのかな甘みもあって、おいしい。
殻ごと食べると、香ばしさが引き立ちます。

川エビのような感じの料理が合います。

まず、海老とりの様子ですが、真っ暗なので、なかなか写真はありません。
お友達のブログで、しっかりと紹介されています。
コチラをご覧ください。
「宮古島に暮らす-小エビ獲りもなかなかむずかしいね」

さて、獲ってきた海老。真夜中ですが、すぐに冷凍します。
01_201501072003107c8.jpg 
死ぬと白くなります。バタバタ生きている透明なうちに、軽く水気を切ってジップロックに入れ冷凍庫へ。おやすみなさい!

料理する前に、水をかけて少し溶かします。
小さい海老はそのままでもいいのですが、普通サイズだと、頭の角が痛くて食べにくい。
11_20150107200314d66.jpg 12_20150107200308607.jpg
この頭の殻だけを、取ります。けっこう面倒。でも、このひと手間で食べやすさが断然ちがいます。
海老のサイズは大きめので甘エビサイズ。小さいと3~4cmのものも。せっせと剥くのです。
 

★料理 その1 お刺身★

10cm以上の大きな海老は、そのまま刺身で食べられます。
甘エビのように、体部分の殻もとり、背ワタもつまようじで取ります。
23_20150107200349de4.jpg 22_2015010720031769a.jpg
甘エビほどはあまくないけれど、十分甘みもあって美味しい海老のお刺身です。
がんばって、大きな海老を獲ろうっと!

★料理 その2 揚げもの★

この海老の一番美味しい食べ方は、素揚げだと思います。
31_20150107200354e84.jpg 
オリーブオイルであげ、塩とレモンをかけて食べる。最高のおつまみ。
しっかりと揚げる場合は、頭の殻を取らなくても大丈夫です。
32_20150107200359854.jpg
かき揚もおいしい。ウチの天婦羅には、このかき揚が定番です。海老取りの翌日は、だいたい、このかき揚丼。
殻も香ばしくて、絶品です。

★料理 その3 ご飯★

炊き込みご飯も大変美味しいです。
頭殻をとった海老と、針生姜、粉末出汁を少々。そのまま炊きます。
41_2015010720035530f.jpg 42_20150107200359db4.jpg 43_201501072007127ab.jpg 
炊いている間にも、素晴らしい海老の香りが!! 
豆と一緒に炊きこんで、春らしい炊き込みご飯も美味しい。
炒った海老の頭をすって作ったフリカケをぱらりとかけると、さらに絶品の海老ご飯になります。

パエリアも作ってみました。
45_20150107200716e77.jpg 
普通にたいたピラフの上に、生の海老をしいて、ふたをして火にかける。海老の色が変わったら完成。
バーベキューの時に好評でした。

★料理 その4 煮物★

頭殻をとると、煮物も美味しいです。小さいので、他のものと炊き合わせに。
51_20150107200721b1c.jpg 52_20150107200721dd8.jpg
ナス、レンコン、なんでも。野菜を炊く時に入れると、海老の香りと味が加わっておいしい煮物に。重宝します。
中でも一番おいしい組合わせは、「えび豆」。
琵琶湖でとれる川エビを使った郷土料理だそうです。大豆と海老を、きんぴら程度の濃さで炊きます。
53_201501072008043c6.jpg
今年のおせち料理に作った海老豆。色をキレイにするために、塩と薄口しょうゆにしました。
とても美味しかったです。これ、副菜にぜったい!おすすめ。

★料理 その5 すり身★

ちょっと手を加えて、すり身にします。
といっても、フードプロセッサーで殻ごと、ガーッとすり身にします。
すり身に卵の白身と片栗粉をいれて、よく混ぜます。
かなり柔らかい生地になります。
片栗粉を表面につけ、油であげます。
和風の餡をかけて。
61_20150107200806305.jpg 62_201501072008107d2.jpg
ふわふわ。でも食べると殻の歯ごたえも残っていて、濃い海老の味。かなり美味!
美味しかったので、エスニックにもしてみました。
生地には大好きな香菜の茎のみじんぎりもいれて、タレは卵の黄身をナンプラーで味付けたものをからめて。
63_2015010720081042d.jpg 
これも、なかなか!まるで高級エスニックレストランに行ったようでした。


以上、いろんな料理に挑戦しました。
パスタもあったのですが、写真を撮るのを忘れたようです。
アメリケーヌ・ソース風のパスタもいいかなぁ。

年の暮れ、海を見ながらせっせと海老の殻をむく。
13_20150107200313139.jpg
何してるの?美味しいもの? 
そうよ。美味しいもの。でも、キミにはあげないわ。
ボク、知ってるよ。海老だよね。前に冷蔵庫の下で見つけたよ。
…そうだったね。逃げた海老が干からびてたのね。よく見つけたわね。たいしたものだわ、キミは。
71_201501081125166fe.jpg 
そんな、わくわく顔でみあげられてもね。
あげません。


さあ、たくさん!獲りに行かなくちゃ!
わくわくです。

みなさん、宮古島の海老取り、やめられませんよ。






コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2015/01/07(水) 20:56:10|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015年 年始

明けまして おめでとう ございます

2015年も、よろしくお願いいたします!
 
今年の年始は寒かった! 南の島でも寒いので、ナイチはものすごく寒いでしょうね。

★ 元日 ★


21_20150104002421353.jpg
キビ畑の向こうに昇った初日の出。ベッドの上から見ました。
いつもと同じ、ワンコ達の声で目覚めました。
いつもと同じように、ワンコ達のケージのお掃除をして、庭で遊ばせて、初散歩をして。
さあ、お雑煮を祝いましょう!
25_20150104002156c58.jpg 
元旦のお雑煮は福井風。昆布だけで出汁を取って、丸餅を焼かずに入れます。
白みそに少し宮古味噌を入れた、味噌仕立て。具はなにもいれません。鰹節をたっぷりかけます。
お餅そのものを味わうお雑煮。
22_20150104002157fa8.jpg 
今年のおせち。四角い箱入りは、マラルンガのおせちオードブル。
今年も手抜きをさせていただきました。
自分で作ったのは、自家製燻製ハム以外には3品。
23_20150104011443a30.jpg 24_20150104002153c59.jpg
お煮しめと海老豆と数の子。
海老豆の海老は、もちろん!獲ってきたものです。
海老の頭の殻だけは取って、缶入り大豆と一緒に甘辛く煮ました。色がキレイになるように、塩と薄口しょうゆを使いました。
味はちょうどキンピラ程度。
これが、一番、美味でした。

お友達も一人来て、3人でお雑煮とおせちをゆっくり食べて、お昼。
それから、着物に着替えて、初詣。
27_20150104002154200.jpg 28_20150104002237d51.jpg  
この後、お着物で待ち合わせをしたお友達と一緒に、ケーキを食べて帰りました。
29_20150104002238c71.jpg
お正月らしい元日となりました。

★ 2日 ★

1月2日は、毎年、地区の交流日。
午前中からグランドゴルフ大会が開かれます。
今年は私も参加しました。
30_20150104002240838.jpg
寒い~~と着こんでいきましたが、途中から雲がなくなり、暖かなスポーツ日和に。
なんと!3年ぶりにやったのに、ホールインワン(パーは3打)を2回も出しました!
1打ではいったときには、思わず、「やった~~~」と声をあげ、手をあげて踊りました。2回とも(笑)。
ホールインワン賞のキッチンペーパーをもらって、ゴキゲンで帰宅。

その流れで、近所の地元の友達がウチに遊びにきました。
これも毎年のイベントになっています。
31_20150104002242e80.jpg
今年は、気ごころのしれた友達ばかり。夕方まで笑いが絶えない、楽しい宴会でした。
「もう5回目の島の正月だ」と言うと、「えっ!まだ5回目?!」と聞きなおされました。
もう、何十年も住んでいるように、大きな顔をしているそうです。
褒め言葉じゃ、ないよね(笑)
そんな冗談も嬉しい、なごやかで楽しい午後でした。

★ 3日 ★

今日は穏やかな晴れ。
32_20150104012910ac4.jpg 
青い海が美しい。
ぽかぽかと日射しもあたたかい。
33_20150104002242365.jpg 
3日間の片付けと簡単な掃除をして、お友達のお家を訪ねました。
34_20150104002341069.jpg 
おせちも、もう、これで終了。お正月も終わりです。

沖縄では、お正月は3回あります。
2月の旧正月、旧暦1月16日の(じゅうるくにつ)先祖のお正月。
まだまだ、祝い事は続きます。
島ではずっとお祝い気分です。


★ 

年始に、今年の私の教訓を決めました。

「明日来るかもしれない不安で、今日の幸せを無駄にするのはやめよう」

いつかは病気になって、体が動かなくなる。
いつかは、ワンコ達やダンナとわかれなくちゃいけない日が来る。
いつかは、お金がなくなってしまうかもしれない。

どうしよう…。
突然おそってくる不安。ああしよう、こうしよう、と考えたり、無駄な計算を繰り返して、さらに不安になる。
準備はしなくちゃいけないけれど、突然その日が来てもいいように、イメージはしておかなくちゃいけないけれど、
必要以上に、不安になってもしょうがない。

その日のために、今、少しでも楽しく幸せな時間をすごしておこう。
楽しいことをして、美味しいものを食べよう。
後悔のない毎日を送ろう。

今年の目標は、「心のままに、幸せでいること」。
画に書いた幸せでなく、今、自分が快適であれば、それでいい。満たされていれば、それでいい。
ダンナに無理な楽しさ感を押し付けるのをやめよう。
自分が笑顔でいればいい。
そうすれば、周りだって、少し、幸せを感じてくれるかもしれない。

そう、笑顔でいよう
そんな1年にしよう。

みなさん、今年もよろしくお願いします。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから


  1. 2015/01/04(日) 01:42:26|
  2. お祭り・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2014年 年末

2014年の年末。暮れも押し迫った28日。2階の部屋の模様替えをしました。
BEFORE 庭側はワンコ部屋。けっこう広い空間を、今はチャーとソラが使っています。
01_20150104001441b4e.jpg 
2匹だと、ちょっと広め。大人になってイタズラも少なくなったので、2階でフリーにしています。
「君たち、ちょっと狭くなってもいいかな?」
02_201501040014467ee.jpg 
少し狭くして、1階に置いていた椅子を置きました。
夜、椅子に座って正面を見ると、こんな感じ。
03_20150104001446359.jpg 
正面にレコードプレーヤー。レコードを鑑賞できるように。
ダンナさん、さっそくElton JohnのYour Songを聴きました。
不覚にもウルウル。
感激してちょっと泣いちゃいました。
レコードを聴いて泣いちゃうダンナに、私は感激。よかったよかった。



さて、大晦日。今年は独り者のお友達を中心に(笑)、バーベキューパーティーを開きました。
楽しく美味しく年を越そう!
暖かい島ならではの、年越しです。
長袖Tシャツ1枚でもOKなポカポカ陽気。
バーベキュー日和となりました。
12_20150104001449bc7.jpg  
(写真はKさんのブログよりお借りしております)
13_20150104002008310.jpg 
全てセルフサービス。お肉を焼くのもセルフでお願いします。
お肉も何種類か、用意しました。
宮古牛!(塩)、ハラミ(たれ)、豚バラ(チャーシューたれ)、豚バラ(塩)、鶏(タンドリーチキン)。
野菜やソーセージ。
他にも簡単な料理を用意。簡単パエリア風。具だくさんミネストローネ。
14_201501040020097a9.jpg 15_20150104002009b50.jpg
(写真はKさんのブログよりお借りしております)
パエリアには、たっぷりと獲った海老を乗せてあります。
簡単パエリアの作り方: 手作りベーコンやシメジを入れて炊飯器でピラフを炊く。炊いたピラフをオリーブオイルを引いたフライパンに入れて、上に海老(他にも具材)を乗せて、ふたをして火にかけて焼く。
バーベキューの網で焼いたお餅を入れ、とろけるチーズを乗せ、その上から熱々のミネストローネスープを入れる。
美味しい洋風雑煮のできあがり!
他にも、サンドイッチとサラダを作ってきてくださったSさん、ありがとうございます。
16_201501040047472b5.jpg 
デザートは、少し焼いたマシュマロに、チョコレート&生クリームの溶けたガナッシュを絡めて。
ゆっくりとした、大人のバーベキューでした。

17_20150104004938d4c.jpg 
2014年の最後の陽が海に沈みます。
今年も幸せに年を越せます。感謝。

日の暮れとともに、バーベキューは終了。
その後は、ちょっとレコードタイム。
18_20150104002013a35.jpg 
うるさく鳴くワンコ達にもめげず、ダンナの40年もののアンプとスピーカーでレコードを鑑賞。
Audioについて語るお友達が、宮古島でできるなんて!ダンナ、幸せの極致!
最高の年越しだったのではないでしょうか。

お友達が帰った後、ゴキゲンが続くダンナと、年越し蕎麦を食べに「喜平」さんへ。
19_201501040021509b8.jpg 
特別にメニューにはない天婦羅をあげてくれました。
毎年、年越し蕎麦は自宅で食べていました。初めて外で食べました。

喜平さんは、奇遇にも東京で働いていた時に、いつも出前をお願いしていた蕎麦屋さん。
あれから10年以上もたって、こんな遠くの宮古島で、年越し蕎麦をいただくなんてね。
それも偶然。不思議な出会い。

今年、本当にたくさんのお友達ができました。
島での生活が45度ぐらい、上向きに変わった年でした。
毎日、遊んでばかりの年でした。

ダンナが病気(?)かもしれないと言われて、将来を考えた年でもありました。
だからこそ、毎日、しあわせでいたいと、思うようになりました。

いつ、海で泳げなくなるかもしれない。
いつ、ダンナが歩けなくなるかもしれない。
でもそれは、だいぶ先のこと、だと思う。
5年なのか10年なのか20年なのか、わからないけれど…。
それまで、毎日、楽しくすごそう。
そう、思った年でした。

2014年、出会えたお友達、遊んでくださったお友達、
お世話になったお友達、みなさん、
感謝。です。
1年、ありがとうございました。





コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2015/01/04(日) 01:04:37|
  2. お祭り・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (27)
景色・空・海 (29)
ワンコ (82)
ごはん (57)
畑・庭 (31)
海遊び (65)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (63)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム