クーの毎日

神戸からのお友達

 前回に続いて、宮古島カフェの情報。
繁華街の中にある静かな空間、「うえすやー」。
20160318_152940.jpg 
週末しか開かないようです。大きな窓から見える、まさに「滴る緑」の庭が主役です。
宮古島には、スタバはないけれど、いいカフェがたくさんあります。
都会のモダンな洗練はないけれど、ゆったりした時間を楽しめるいい空間がたくさん。
観光に来られる方、カフェにもちょっとこだわって、一服されてはどうですか?

こちらはケーキ屋さん。Cona。
20160318_113145.jpg 
週2回しか開いてない。開店11時30分に行ったら、なんと!!並んでいました!驚き!宮古島で初めて見た。
クリームで飾ったケーキはない。タルト、シフォン、スコーンなどなど、自然素材にこだわったしっかりした焼き菓子です。
美味しい。
行きたい方は、店の前に貼ってある営業日を確認して、開店時間ちょっと前に行きましょう。

★ ダンナのシャンソン発表会 ★

20日は旦那のシャンソン教室の発表会でした。
生徒だけの身内の発表会でしたが、ホテルでみなさんドレスで正装。
ダンナもほんっとに久しぶりにジャケットを着ました。
20160320_122638.jpg 
しかも、東京から来たプロのピアニストが伴奏!
さすがにプロ!ダンナの歌に合わせてくださいました。
で、上手でした。よ♡

★ 神戸からのお友達 ★

20日、ダンナの発表会を終えてすぐに空港へ。20日から23日までの予定でお友達が来ました。
空港からすぐに来間島へ。
20160320_164030(0).jpg 
お茶飲んで、長間浜へ。
20160320_172210_20160323194118b99.jpg 
海を見て。
暗くならないうちに、家に帰らなくっちゃ。
20160320_184008.jpg 
初日は庭でバーベキューにしました。
ガーデンテーブル、活躍してます。

そして、その夜は、エビ取りに。
そうです、彼はこのために来たといっても過言ではない。
すっかりエビ取りの魅力にはまった一人なのです。
島尻に行きました。満月とは思えないほど、十分な漁獲高でした。

寝たのが午前3時過ぎ。
次の日は、午前中は犬と遊んで、ぼんやりしながら、友達の家を回りました。
お昼には伊良部のカメそばへ。
20160321_132745.jpg 20160321_130746.jpg 
表札に「佐和田カメ子」という名前がありました。
そうか、佐和田の浜の亀、なんだ。
手打ちの麺、とろとろの軟骨そーき、あっさりした出汁、やっぱりここの宮古そばが一番だと思うのです。

夕食をお友達と一緒に「わん」で食べ、その夜もエビ取りに。
今度は与那覇へ。
無風。最高の状態でした。満月だというのに、二人で1200g。これぞエビ取り。楽しかったー!
エビは、翌日の夕食で、天丼、南蛮漬け、お刺身にして頂きました。

釣にも行きました。
3日目は久松漁港で、チマチマ堤防釣り。
20160322_165152.jpg 20160322_164924.jpg 
こものを10匹。全て海に帰してあげました。
最終日は、偶然みつけた、隠れポイント。
20160323_113037.jpg 
このロケーションですもの!
糸を垂れているだけで、十分たのしい。

堪能したかしら?
ゆっくりしたかしら?
楽しんだかしら?

来年も来てね。
私たちもワンコ達も待ってるわ。
楽しかった。
あなたは最高の晴れ男でした。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから










スポンサーサイト
  1. 2016/03/23(水) 20:55:12|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンコいっぱいイベント

ワンコのイベントがありました。
麻布十番犬猫クリニック宮古島分院の3周年感謝イベントです。
いつも5匹がお世話になっている獣医さんなので、私たちも少しお手伝いをしました。

場所は袖山ガーデン。
天気予報は雨。「ああ、どうか、降らないで!」という強い願いが叶ったのか、奇跡的にポツリとも降りませんでした。
01_20160317215637343.jpg 
芝生が広がる会場で、いろんなコーナーが開かれていました。

無料の健康診断。
20160312_133244.jpg 
病院に行くほどではないけれど、ちょっと気になっているペットの症状。
この機会に相談ができました。

しつけ教室
06_20160317215725189.jpg 
待て、などの基本を始め、日頃の犬との付き合い方を教わりました。

建物内では、写真コンテストや抽選の他、業者さんによる歯のケアの説明なども。
04_201603172156438bb.jpg 
ハミガキガムなどのお土産ももらいました。
05_20160317215643499.jpg 
たくさんのパネルには、「食べさせてはいけないもの」や、フィラリア予防の大切さのほか、宮古島の捨て犬の現状など。
犬や猫を飼う上で、知っておかなければいけない知識が学べます。

参加された方々は、ゆっくりと時間をかけて、交流を楽しみました。
07_2016031721572893e.jpg 03_2016031721564525a.jpg 
この3月に島を離れる獣医さんの周りには、別れを惜しむ人や犬がたくさん集まっていました。

02_201603172156390b7.jpg 
たくさんのワンコ達!
「ウチの子は…」「かわいいですね…」いろんな会話が弾みました。
みんな、笑顔。犬どうしを遊ばせたりして、ゆっくりとした楽しいイベントでした。




こういうイベントは、宮古島ではめずらしい。というか、このクリニックが主催するまで、開かれなかったのではないでしょうか。

犬や猫に対する意識は、東京などの都会とは、ずいぶん違います。
とくに高齢の島の人たちの中には、畑を守る番犬など「役に立つ家畜」として犬を見ている人がいます。
そういう人達にとって、
「役に立たない家畜」に、お金をかけることはしません。
「役に立たなくなった家畜」は、処分するか、捨てるかです。

島に来て、かならずしも「犬=家族」という考え方が全てではない、ということを、知りました。
宮古島では、ヤギが身近に飼われています。
ヤギに名前はつけません。食用ですから。
私たちは豚も牛も、なんの罪悪感もなく毎日、食べています。
では、ヤギはどうですか?
「家畜」と「家族」の違いは、何なのでしょう。

イベントのお手伝いのために、いろんな資料を集めました。

宮古島で1年間で殺処分される犬の数は、東京都全体と同じ。
この5万人程度が住む小さな島と、1000万人が住む東京都全体と、同じ。

狂犬病の予防注射の接種率もおそらく5割に満たない。
放し飼いが多く、野犬や飼い犬かわからない犬が、あちこちで咬傷事故を起こす。
避妊・去勢手術をせず、たくさんの子犬が産まれ捨てられる。

自由に町を歩き、子犬を作り産む。「それが自然な犬の姿」だと、考えている人もいる。
その結果が、この殺処分数だ。

今回も保護施設に入れられている犬の写真を、「里親募集」で掲載しました。
作業の途中で、5匹の写真がはずされていました。
5日間しか保護期間が過ぎて、殺処分されたのでしょう。
施設から犬を引き取る人は、ほとんどいません。そんな活動もほぼ行われておりません。

5匹は、全部、かわいい子犬でした。

自分の行動力の無さを責めます。
せめて、こうしたイベントを手伝うことで、何もしていない自分への罪悪感を少し軽くしているだけです。

犬や猫を、家族の一員として、責任を持って最後まで大切にしてあげる。
それが当たり前になってほしい。
イベントに参加した方々は、それが当たり前の人たちです。犬の健康のこと、しつけのこと、食べ物のことを楽しく話せる。
こういう場が増え、こういう人達が増え、これが当たり前になってほしい。

東京のように、犬猫用の高い洋服や高級なフードはいらない。
でも、知識を持って、大切に飼ってほしい。
宮古島の犬だって東京の大金持ちの犬だって、サビシイも痛いもお腹すいたも、楽しいも嬉しいも、大好きも、同じように感じる。
大切にしてあげようよ。



そんな気持ちで帰ってきたら…

これだ…。鰹節の大袋の半分。食べられた。
10_20160317215730393.jpg 
食べてノドが渇いたのか、水が全部なくなってた。
チャー…。
くそっ!不注意な私がいけなかったけどね!優しくしてやりたいけどね!結構高いのよ、鰹節だって!!!
20160311_185527.jpg
 
それと、ソファーの背で寝るのはやめなさい。危ないし。偉そうだし。
それに、あなたが敷いているのは私のトレーナーだし。
ふん、屋根の上にでも寝られるね。
おまえはスヌーピーかっ!



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



  1. 2016/03/17(木) 22:55:36|
  2. お祭り・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

別れの季節

忙しい。めずらしくバタバタと日々が過ぎていく。といっても仕事をしている人から比べると、ゆったりだけど。
ほぼ毎日、なにかしら約束だったり、やらなくちゃいけないことがある。



29日。仲良くしていただいたご近所さんの引っ越し。
01_20160310212424178.jpg 
どんどん運ばれて、空港に見送りに行って…。
翌日、いつものようにワンコの散歩で横を通ると、そこには人の気配のない家。
あ~もう、居ないんだな…。
あっさりといなくなっちゃった。
新しい暮らしも、幸せに。お元気で。

この春は別れが多い。3人を見送る。理由はそれぞれ。
転勤で去る人、故郷へ戻る人。
見送る気持ちはいつも、さびしい。



「どこで住むか」は、「何をして生きるか」と同じように大きな選択だと思う。
年齢を重ねるにつれ、「どこで」の方が、より大きな選択だと思うようになった。

「なぜ、宮古島に住んでいるか?」と聞かれると、困ってしまう。
最近、ひとつの答えをみつけた。
「ここに住もう、と決めたからです」。
海がきれいだから、暖かいから、人に魅かれたから…それはキッカケのひとつにすぎない。
他と比べて、ここが優れていたから住んでいるのではない。

住む場所を選ぶのは、結婚と同じだと思う。
決めたからには、ここに住もう。覚悟みたいなものかもしれない。

自分のやりたいことや自分の欲しいものを求めて町を選ぶのではなく、「町」という、文化や価値観やリズムに、自分をなじませていく。
その世界の中で、自分の活かし方を考える。

「どこで住むか」は「暮らし」の選択だ。
「どこで住んでも変わらない」と考える人は、「暮らし」が希薄な人だと思う。



引っ越しを手伝って、三線に行って、イベントの打ち合わせランチをして、芝刈りをして。
ベーコンの仕込みをして、歓送迎バーベキューパーティーをして、エビ取りを3日連続で行って、掃除をしてヒメを歯の手術に連れて行って、燻製をして、その間にイベントのパネルを作って、ダンナの鍼灸の送り迎えをして…。
いそがしい…。

ダンナを鍼灸に送った後、約1時間、カフェで一息。
23_20160310212611425.jpg 
マンガがたくさんあって、読みふけりながら、お茶を飲む。
島に来てから、一人でカフェに入ることは、ほとんどない。待ち合わせもないし時間つぶしの必要もないので。
でも、こんな時間もいいね、ちょっと楽しみ。



バーベキューパーティーから帰ってきたら、こんなのが落ちてました。
11_20160310212430629.jpg 
シリコン製鍋つかみの欠片。ドイツからのお友達のおみやげ。花の形だった。
もちろん、この4倍はあった。
もちろん、チャーの仕業だ。
もうひとつあった、ピンクのブタの鍋つかみも食った。また食われた。これで鍋つかみは無し。
そして、もちろん…お腹も壊さなかった。

あ、ちなみに右の親指、大けがしました。
一升瓶を玄関で割り、暗い中、あわてて欠片を拾おうとしたら、親指の先をザクリっ!ものすごく深く切りました。
病院に行って縫う必要があるか…と悩むレベル。バックリ開いた傷口からは、右手が真っ赤になるほど血が溢れだし…。
それでも指を押さえて、血がおさまるのを待って、傷パワーパッドをピッタリ貼って、ゴムの指サックをはめました。
傷口、ひっつくかなぁ…。

で、チャー。
12_20160310212429dd3.jpg 
最近、妙にダンナにくっついてウトウト。ちょっと可愛い。
その横で私にくっついているのは、ダイ。
13_20160310212430e4a.jpg 
はまってる。(笑)

ヒメの右頬が少し腫れました。ああ、きっと歯だなぁ。
すみません。ヒドイ写真です。
15_20160310212535124.jpg 
奥歯はもう、歯というより石の塊。… しかたない。やってもらうか。
麻酔をして、歯石をとり、歯を見てもらうことにしました。
14_20160310212529ea7.jpg 
“ 腹が減ったわ ” 
そうね、手術をするんだから、ご飯をぬいているの。がまんしてね。
16_20160310212532957.jpg 
信頼していても、やはり麻酔は怖い。ストレスもすごいだろうな。
ヒメ、がんばるんだよ。すぐに迎えにいくからね。ウトウトして、目が覚めたら私が迎えに行くからね。
無事、手術は終了。キレイなお口になって帰ってきました。よかった。



新しいお友達が増えました。
少しずつ、友達の輪が広がっていくのを感じます。
別れがあれば出会いもある。
そんなお友達とベーコンを作りました。
21_20160310212538ca7.jpg 
ダンナの火の調整の腕があがっています。もうマイスター!
すごく上手くできました。
今日は、出来たてのベーコンを薄めにたっぷり切って、玉ねぎのスライスとあわせてパスタにしました。
ゆでたパスタに、火をいれずに和えるだけにしました。
シンプルで美味しい。ベーコンの美味しさをそのまま味わえる一品になりました。
ありがとう、ダンナ。


いそがしくて、いろいろ考えた10日間でした。
少し疲れて、心が弱りました。
そんな時に怪我もしました。
でも、思いのほか強かったダンナの精神力と私を思ってくれる優しさと、新しいお友達のおかげで、弱った心は復活しつつあります。

がんばろ。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2016/03/10(木) 22:47:08|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (30)
ワンコ (89)
ごはん (63)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (32)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム