クーの毎日

お姉さん達も来島

22日から来ていた甥っ子に加え、27日から同級生の娘さんとその友達がウチに宿泊。さらに29日からは昔からの友人家族がブリーズベイに宿泊。
わ~~~どうしよう!



まずは27日~29日までの予定のお姉さんたちが来島。
甥っ子くんは、その間、2階で寝てもらいます。
急きょ、新しいエアコンをつけました。この件については、また詳しくご報告するとして、お姉さんたちのこと。

27日、ついてすぐに舞浜ビーチと来間島へ。
01_2016073109073017c.jpg 
最高の天気と海の色。
上々のすべりだし。ただ、行きたかったPaniPaniと中休商店のソバが開いていなかったのはアンラッキーでした。
家で着替えてから池間島でシュノーケル。
あまりテンションが上がりすぎたからでしょうか。シュノーケルの途中から、一人ムカムカが始まっちゃいました。波酔いかな。
夜は家でガーデン天麩羅。
う~ん、これもちょっとヘビィだったのかなぁ。
翌日もムカムカがおさまらず。
様子を見ながら、ウミガメポイントへ。
11_20160731091123015.jpg 
会えた~。
前回、下見していたので、落ち着いて探せました。この日は優しいカメラ担当友人に写真をお願い。

そのあと、お姉さん二人はシーサー作りに。甥っ子と友人と私は海へ。
合流後、リフトにも乗りました。
02_201607310907340e6.jpg 
そのあと、前日ふられたPaniPaniにも行きました。
03_201607310907389d2.jpg 
カフェ大好きなお年頃。(笑)
最後の日も、ぎりぎりまでサトウキビ畑の真ん中の、新香茶でマンゴーパフェを食べてゆっくりしました。
20160729_120245.jpg 
気持ちいい風景だわ。海とは違った宮古島の癒しの風景。

二人は20代。仕事に一生懸命。打ち込める仕事を見つけられたのは幸せ。
でも、ちょっと疲れてるな、と思いました。
04_2016073109073780e.jpg 
カフェのカウンターで気持ちよく寝ていたこの子のように、居心地のいい場所を見つけて、ゆっくりする時間を見つけてください。
2泊3日の宮古島は、少し短すぎたかな。
それでも来てくれて、ありがとう。
今頃は、また、頑張ってるんだろうなぁ。
疲れたときは、思い出してね。
まったりと寝ていた猫のこと、伊良部大橋からウミガメが見えたこと、真っ暗な夜の空の星のこと…。
また、待ってます。



彼女たちを見ていて、思うことがありました。
暑い暑いと汗だくになりながらも、風が吹くと「あ~気持ちいい」とやりすごす島の私たち。
でも、この蒸し暑さは彼女たちにはキツかったようです。
エアコンの効いた(効きすぎた?)空間と、35度を超す炎天下を行き来する暮らしは、私たちから見れば随分過酷だなぁ、と思います。
汗をうまくかけなくなったら、きっと倒れてしまう。

無理な運動はしなくていいと思う。
汗をじんわりかいたり、手足をゆっくり伸ばしたり、ときには自然の多いところで、風を感じたりする。いつの間にか、ウトウトするほど気持ちいい時間を持つ。
そして、何も考えずに、ぐっすり眠ること。
それができれば、いいね。それすらできない都会の仕事は厳しいね。

自然は、そういう時間に人を導いてくれる。
自然とのふれあいって、体には本当に大切だと思います。



8日間の充実した海ざんまいの日々を終え、甥っ子も関西へ帰りました。

美しいサンゴに見とれ
15_20160731091129021.jpg 
海の中を散歩し
13_20160731091127d0e.jpg 
ウミガメや魚やいろんな生き物に出会い貝をひろい
12_20160731091125e98.jpg 
年のはなれた楽しい友達に出会い
14_201607310911281cd.jpg 
最高の海と宮古島を堪能しました。

毎日が晴れで、毎日が凪ぎの海、しかも素晴らしい透明度、なんて、経験したこともない!
ありえない奇跡の8日間でした。
1日だけ、あえて釣にして体を休めました。
残りは毎日、多い時は午前と午後、帰る日の午前中も海にはいりました。

本当はもっと「勉強しなさい」というつもりでした。が、言えませんでした。海が良すぎた。
宮古島の海、ありがとう。
なにより、甥っ子と遊んでいただいた、シュノーケル部のみなさん、やさしいカメラの上手な友達、貝をくれた素敵なお兄さん、ほんとうにみなさん、感謝しています。
みなさまのおかげで、すばらしい高校の思い出ができました。

ちなみに来年、高校2年生の修学旅行先まで宮古島だそうです。
さすがに「修学旅行は北海道がよかった」と言っています。そうよね。(笑)



それにしても、29日、30日はめまぐるしいスケジュールでした。
甥っ子を含め、来客が3組。

29日の朝9時半、甥っ子を友人の家に送り、彼は友人たちとシュノーケル&ランチへ。
私はその足で空港に10時過ぎの便で到着するお姉さん方を迎えに行く。舞浜・来間を案内した後、友人と食事をした甥っ子を市内に迎えに行き、ついでにお姉さんにはRiccoジェラートやお土産屋を楽しんでもらう。そのあと、家で着替えて甥っ子も一緒に池間島へ。
30日はみんなでウミガメを見に行き、午後は上記のようにわかれて遊ぶ。ちょうどブリーズベイ宿泊の家族がチェックインしたとの連絡があり、近くにいたので、夕食の場所をウチ合わせて家へ。
夜は3組が集まり8人で蔵で宴会。
30日はまたまた甥っ子を伊良部大橋のたもとで友人に託し、甥っ子は友人たちと伊良部の海でシュノーケリングへ。
お姉さんと私たちは、田舎の新香茶へ。12時30分に彼女たちを空港へ送り、今度はそのまま、マックスバリュで昨日着いた友人家族と待ち合わせ。伊良部へ。
伊良部そばカメで友人と食事を終えた甥っ子をピックアップし、観光をして自宅へ。
我が家を自慢し、着替えてもらって池間へ。
家族とは、ちょいシュノーケルをしてそこで解散。
31日は家族のお父さんをピックアップし、甥っ子と最後の海へ。1時間半ほどのシュノーケル。
夕方、甥っ子を送って行って、ひと段落。
綱渡りだったわ~~。

今日はゆっくりと家族チームとランチ。
家族は今日の3時の便で帰京。
晩はピザパーティーに誘われています。
明後日から1泊2日で友人2人がウチ宿泊。
5日~8日まで、家族連れが島入り。
7日には三線のコンクールがあるし。
まだまだ、楽しい忙しさは続く。





コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 10:46:30|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

甥っ子来島

甥っ子が来ました。
高校1年生になって、一人で来ました。
宮古島は4回目。2013年、中学生のときにも一人で来ました
背もぐ~んと伸びてすっかり大人になりました。いろんな海にも潜れるほどに。
私もシュノーケルのお友達のおかげで、いろんな海を案内できるようになりました。

しかも!
かつてないほどの、穏やかな海と連日の晴れ!
思いっきり、毎日、海に連れていくことにしました。
午前中は海、午後はお手伝いやフリータイム、夜は(できる限り)勉強。

22日夜着。焼き肉を食べてRICCOのアイスを食べる。
23日午前。海へ、南海岸。
24日午前。海へ、東海岸アウトリーフ。午後は草刈りの手伝い。
25日午前。海へ。ウミガメを見に行く。午後は公園でバスケット練習。

毎日、最高の海!3か所のビーチに行きました。
カメラが壊れちゃったので、カメラが上手で優しいお友達が撮影してくれた、水中映像をどうぞ。

透明度良し!美しいサンゴと魚たち。
13814389_959922760796213_1919160355_n.jpg  
こんな写真も撮ってもらった!透明度、高い!
13823342_959033474218475_856879480_n.jpg 
初のアウトリーフ!
13734652_959922754129547_1381651326_n.jpg 
右はアウトリーフの深い海。青いカーテンの中を、何度も潜っていました。
13823527_959922757462880_1726283351_n.jpg  
下の亀の写真は、2年前の別のときの写真です。
でも、同じポイントで見た亀。こんな感じでじっとしています。
PA290095.jpg 
1時間ちかくも、亀の側に潜ったり、一緒に泳いだりしました。
もう、十分堪能させてもらったので、あがりました。

なんて贅沢な海!
まだ4日、海で遊べる。天気予報は晴れ。
さあ、どこへ行こう?



ワンコたちにとっては、小さいときから遊んでくれたお兄ちゃん。
クーもヒメも、ダイもチャーもソラも。
みんな大好き。

暑い中、せっせと芝刈りを手伝ってくれた彼。
20160725_144425.jpg 
いっぱい遊んでもらって、嬉しいチャー。
20160722_203950.jpg 
ごきげん♪ベッタリ。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



  1. 2016/07/25(月) 22:14:16|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海の用意

波が落ち着いて、またシュノーケル部活動再開です。
だいたい、週2~3日の活動です。

日常のことなので、準備も片付けも簡単です。
最近は、午前中の活動が多く、ランチを食べても1時過ぎには自宅に戻ります。
さすがに慣れているので、「疲れてお昼寝」ということも、あまりありません。ちょうど良い運動、程度です。

水中用のカメラがまたまた壊れたので、海の写真がありません。
今日は、海に行く準備と片付けを紹介しましょう。

軽自動車のトランクに積まれた、海もの。青い防水バッグに入れたグッズと、厚手のビニールシート1式です。
後ろの座席には着替えの洋服とバスタオル。ほかに着替え用サンダル。
100.jpg  105_20160720161121fa8.jpg 
トランクの中身は以下。(マリンブーツは履いていきます)
101_201607201555030ee.jpg 
左上 ・救命ライフジャケットベルト…緊急の際、ヒモを引っ張るとボンベで中のベストが膨れる仕組み。
右上 ・フィン…この前買ったばかりの赤いMEW!
左下 ・マリンブーツ…ホームセンターで1500円ほどで買ったもの。だいぶボロボロになってきた。
左下2番目 ・シュノーケルマスク…ホームセンターで3000円ほどで買った。
左下3番目 ・青い肩掛けバッグ。貝とかを拾ったときにいれる網の袋
右下2番目 ・手袋…破れたら繕って使ってます。これもホームセンターで買いました。
右下 ・2リットルのペットボトルに水を入れたもの。1~2本。

家を出るときに、スパッツ+ショートパンツ、水着+ラッシュガードを着て、マリンブーツも履いて、すぐに泳げる格好で行きます。
帰り用のサンダルも、忘れないように。(よく忘れます)

着替えてポイポイと車に積めばOK。

家からポイントまでは、車で遠くて30分、近いと10分程度の場所もあります。
途中で必ず、スポーツドリンクを1本買って飲んで行きます。

ついたらフィンとマスクを持って、すぐに泳ぎだす。
泳ぐ時間はだいたい1時間半程度。

ここでペットボトルと青いビニールシート1式の登場です。
ほとんどが駐車場や道端に車を停めるため、着替える場所も、もちろん、シャワーもありません。
海からあがったら、ペットボトルの水で潮や砂を流し、このターフをつけます。
106_20160720155507769.jpg 108_20160720162825cb0.jpg 
ターフは、吸盤6つで車につけるだけ。
風でめくりあがらないよう、重しをフックでひっかけます。
これさえあれば、どこでもゆっくり着替えがOK。

今回、前のドアや窓から見えないように、ちょいかけカーテンもつけました。
110_201607201555331c3.jpg  
あった畑用竹をちょっとひっかけ、バスタオルをかけただけですが。用は足りるでしょ。

ちゃちゃっと着替えて、ターフもちゃちゃっと畳んで終了。
みんなでランチに行くこともあるし、そのまま帰ることもあります。
着替えているので、どこでもOK。

家に帰ったら、裏の水道でざっと水あらい。
121_20160720155534eab.jpg 
大きなタライにバーンといれちゃって、まず水着類を洗い、横の洗濯機で脱水。
ざっと洗ったら干すだけ。
125.jpg 
5月~10月までは、ほとんどこの風景です。

今週は、月曜日に東海岸、今日はインギャーの外、金曜日は船で遠出、土日は甥っ子が来るので、一緒にどこかへ。たぶん、7日中5日は海に入っています。

慣れると、準備も簡単だし、そんなに泳いでも疲れない。
128.jpg 
ときどきは、こんなお土産も見つかります。
私の宝物。白い宝貝 海ウサギ。
この前、2つ目を見つけました。
とても嬉しい。


コメントいただくとうれしいです。一言コチラから




  1. 2016/07/20(水) 16:43:09|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空読み

宮古島の空は広くて、その顔色はすぐに変わる。
喜怒哀楽がはっきりした、感情豊かな空と海。
遊びも空と海次第。
だから、空を読むのはとても大切。

なのに…
やっちゃいました。

午前8時 洗濯
「久しぶりに晴れたわ~~」
大物洗濯して、お布団も干しましょう!
選挙のことで心がザワザワして、まだムカムカがちょっと残っていたので、スッキリしたい!
01_20160714100637f7c.jpg 
いろいろあるけど、晴れた空と青い海。はためく洗濯物。お布団もすぐに干せる。
日常の幸せに感謝。

午前10時10分 ダンナをプールに送りに行く。
お布団とタオルケット、入れなくても大丈夫よね、だってこんなに晴れてるし。

午前10時15分ダンナのプール到着。
「ん?何?ポツポツ…雨?大変、帰らなくちゃ」
だいじょうぶよ、ぽつぽつだもの。家の方はまだ明るいわ。ちょっと湿っちゃうかも。え~
なに?!どんどん降ってくるじゃない。
え?!家の近くはもう、こんなに降ってきてるわ!
走れ!走れ!

午前10時20分頃 家に到着
うぁわ~~~~!ぎゃ~~!どいて~~!

布団はびしょぬれ。洗濯物ももちろん、びしょぬれ。
とほほほほ…と途方にくれる。
さっきの幸せ感はどこにいったの…。

洗濯ものを乾燥機に突っ込み、布団は…もう一度干してみる。
03_20160714100639b55.jpg 
さっきの豪雨がウソのように。
まるで私をあざ笑うかのように去って行った黒い雲。
一応、干してはみたものの…また、黒い雲が…いかん!もう今日は無理だ。
結局、洗面所の乾燥機をあてっぱなしにして、なんとか乾かすことに。

悲劇はこれで終わらず。
吹き降ってきた窓をしめなくちゃ…と歩いたら、なぜか家の中なのに足元がピチャピチャと音をたてます。
うぁあ…池になってました。
雨はかなり奥まで吹き入り、嵐のようにソファカバーをめくり、その下までびっしょり。棚のレコードにまで被害は広がっていました。
タオルで何度も拭き、扇風機で風をあてました。

久しぶりの晴れに、油断しました。

この日は、豪雨と青空を何度も繰り返し、結局、かなりの雨が降りました。

突然の豪雨
05_201607141006402a5.jpg 

豪雨5分後
06_20160714100641af6.jpg 
こんな空、読めるか!!

風が強い宮古島では、雲も俊足です。
気をつけましょう。
トホホホホ。



自然との遊びが多いので、いつもたくさんの気象ページをチェックしています。
雨雲ズームレーダーも、スマホまでちゃんと入れてるのに…。うかつでした。(T_T)

海遊びは危険と隣り合わせ。
とくに波の高い日は気をつけなければいけません。台風の前後には毎年のように死者が出ます。悲しいことです。
今日はいい天気。
海も真っ青。もう、1週間も海に入っていません。潮切れです。入りたい入りたい。
08_20160714100643d4a.jpg 
でも、西の海はまだ荒れてます。
わかりますか?
映像でみてください。→映像はコチラ
小さい白い波が少し飛んでるでしょ。まだまだダメ。目で確認するのが一番です。

でも、全部の海がダメなわけじゃありません。
そう、観光に来られる方、ココ、ポイントです。
宮古島は島です。しかも、東西南北いろんなところにポイントがあります。
風は一方から吹く。だから、かならず「風の裏側」があります。
多少波が高いぐらいだったら、風の裏側で、ちゃんと潮の時間を見て泳げば、安全に泳げます。

以前、会った観光の親子。その日は台風の後でまだ南西の波はかなり高く、私たちはあきらめて釣をすることにしていました。
「来間で泳ごうと思っています」
「まだダメでしょう。お子さんがいらっしゃるから危ないですよ。吉野海岸か新城ならば安全ですよ。」
「あ~吉野ねぇ。前に泳いだことがありますが、もう、あんまり良くないと聞きましたよ。」
…ちゃんと泳げないような波にもまれても、この小学校の息子は楽しいのかしら?
気持ちはわかりますが、安全だからこそ、自力で泳げる海だからこそ、楽しいのでは?

今日の波をチェックしてみましょう。

Yahooの波予測

 キャプチャ 
中央左下が宮古島です。南の波1.5m。かなり穏やかになってきています。
裏側にあたる東北には濃い青の部分が。1m以下。
できれば濃い青が望ましいのですが、1.5mならば、潮と場所を選べば大丈夫。

潮をチェックするページ。
気象庁の潮位表
choi.jpg 
拡大してみてください。
今日の干潮は9:37。9-10時台は80cmほど。明日15日だと11時には70cmほどまで下がります。
この高さだと、いつも泳ぐリーフ内ビーチの場合、リーフで波が遮られリーフ内は穏やかに。1mだとリーフを超えて波が入ってくるので荒れます。
ちなみにこの表、冬もエビ取りに必須。35cmを切るとエビ取りに丁度いい潮になります。
私はスマホにもブックマークしています。

海で遊ぶみなさん、この2つのデータは必ずチェックしましょう。



台風が来ませんが、ついでに台風時のチェックデータもご紹介。

基本は気象庁の台風情報
kishocho.jpg 
でも、近くならないと進路が表示されません。

米軍の台風情報
beigun.jpg 
もうちょっと前から進路予測を見たい、と思う人はこれでチェックします。

ヨーロッパの台風情報
europe.jpg 
さらにもっと早くに予測をだしてほしい、と思う方には、ヨーロッパの気象情報。

ちなみに私は最近、デジタル台風なるページでチェックしています。
グーグルアースのデジタル台風
googlee.jpg 
拡大とかもできて便利。

YAHOO風予測
キャプチャ 
台風が近づいてきて、去っていくまでは、yahooの風予測がわかりやすいです。
これだと台風の目が今どこにあって、何時頃に風が弱まるか、が予測できます。
台風準備も「風速○○mぐらいだろうから、ま、準備はこれぐらいでいいか」などと、けっこう、役に立ちます。


自然と遊ぶ、自然と暮らすには、空や風や海の様子を読まなくてはなりません。
都会にはない、チェックデータですね。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから





  1. 2016/07/14(木) 11:23:35|
  2. 景色・空・海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上橋菜穂子

6日の夕方、お友達が帰り、替わりに来るはずの台風は来ず。
といっても、風は強く雨はときどき降り込むし、窓を開けっ放しにはできず。むしむしするので昼間っからエアコン暮らし。
な~~んにもやる気がせず。
8日は最近移住してきたお友達とランチ~お茶をして1日を過ごし。
だらだら
だらだら…
今日も朝から、こんな空。
20160710_082608.jpg 
こんな日は、本を読もう!
そう!っ!
ネットオフで買っていたのです。こんな日のために。

橋菜穂子さんの、「鹿の王」

1ページ1ページ、味わうように、大切に読みました。
だって、すぐに読み切っちゃうんだもの。もったいないんだもの。
20160710_082809.jpg 
本屋大賞1位受賞。ファンタジーです。
STORY
鹿に乗る戦士、若い医師の二人がW主人公。黒狼に咬まれた囚人たちがかかる恐ろしい病気の謎を解明する戦い。山の民や平地の民、統治する王国と統治される小さな民との関係がからまっていく。

感想?
文句なし!これぞ!私が待ち望んでいた本よ!
たぶん、私が読んだ本の中で、一番好きです。しかも一番おもしろかったうちの1冊。話の展開にどこもダレたところがなく、最後の最後まで気を抜かせず、後味も良い。
最高の作品です。

上橋菜穂子さんの作品に最初に会ったのは、このシリーズ。
「獣の奏者」でした。
20160710_083543.jpg 
宮古島のツタヤで売っていて、「本屋大賞受賞作家」ということで、平積みにされていたので買ってみました。
めっちゃ、面白かった。
STORY
水に住む闘蛇という生き物と、大空を舞う王獣という生き物の、飼育者として生きていく女性が主人公。
王国の争いの中で、巨大な闘蛇は戦力の象徴として育てられていた。王獣は巨大な鳥で権威の象徴として飼われていた。
「野にあるように育てたい」という彼女の想いが導く運命は、過去の大きな悲劇につながっていく。

この人は、蛇を育てたことがあるのか?!鷲を飼ったことがあるのか?!と思うほど、体温を感じるほどに生き物とのかかわりが描かれている。その過去の謎って何?!と読み進むうちに、これもまた、あっと言う間に読んじゃった。

こうなると、上橋菜穂子さんの作品は、もっと読みたくなる。

関空の本屋で見つけてしまって、全部買って帰りました。(ネットオフで買えばいいのに、待ち切れなかったの)

「精霊の守り人」他、守り人シリーズ10冊
20160710_083818.jpg 
STORY
女用心棒バルサと皇子チャグムの物語。いろんな王国の神話や秘密、精霊の謎など。チャグムをめぐる危機をすくっていくバルサ。7つのストーリーの中で、少しずつ成長していくチャグム。

これだけあれば、読み応えもあるだろう。と気を抜いていたら、あっという間に読んじゃった。
面白すぎて困ってしまう。

上橋菜穂子さん、すごい!

いったい誰?この人?って思ってネットで調べたら、「国際アンデルセン賞」(児童文学や絵画に貢献した作家や画家に与えられる賞」を受賞した人で、アボリジニ研究の文化人類学者、とあった。
なーるほどなるほど。
そりゃぁ、私、はまるはずだわ。

私の最初の仕事は、国立民族学博物館で先生方のお手伝いでした。
梅棹忠夫先生が館長の、当時のみんぱくは、まさに文化人類学者が集まる夢の塔。
毎日がカルチャーショックで、毎日がおもしろすぎる話ばかり。今までの価値観は根底から変わりました。
話が長くなるので、それはさておき…。
博物館では、いろんな民族の暮らしを、衣服、道具、言葉、宗教、音楽…などなど細部を丁寧に積み重ねる研究がおこなわれていました。
上橋菜穂子さんの作品の底力は、そこにあります。(えらそうに書いちゃいました)

ヨーロッパでもない、アジアでもない、どこか昔の架空の王国。
しかし、まるで実際に見てきたような、世界のどこかに存在するような、リアルな世界観。
部族と部族の間には、その土地の自然環境にあった、文化の違いが、食べ物、衣服、民族性など詳細に描かれます。
完璧な文化のディテイルがファンタジーの世界観を確固たるものとしているのです。

文章は無駄なく簡潔で読みやすい。
ストーリー展開には、どこもダレやゆるみがなく、最後まで丁寧に盛り上がりを見せる。

完璧です。上橋菜穂子さん。
これはもう、児童文学とかの分野ではありませぬ。
最高のファンタジー作品でしょう!!!
おそらく世界のどこで訳されても、どの民族の人が読んでも、親しみを覚えると思います。

ぜひぜひ!読んでみてください。



ウチの児童文学の本棚。
20160710_083407.jpg 
はい。ハリーポッター、全巻買いました。
一番昔に夢中になったファンタジーは、「魔女とライオンと子供たち」ナルニア物語でした。
「そのなし森の話」も好きだったな。
ハリーポッターも、大人になってから、はまったファンタジーです。

実は、ロード・オブ・ザ・リングはあまり好きじゃない。男性向きのファンタジーだね。
モモや星の王子様は、説教くさくて嫌いだったけど、大人になって読むと、よく出来た説教だと思う。
宮崎駿さんの作品では、千と千尋が一番好き。

それらをはるかに超えて、上橋菜穂子がダントツに!好き。
上橋菜穂子さん、また、書いてくれないかなぁ。
それまで、もう一度、守り人シリーズを読み直すわ。

★ おまけ

ちなみに、大好きな宮部みゆきさんも、ファンタジーを書いています。
20160710_083457.jpg 
さすがに、これも面白かったですよ。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

  1. 2016/07/10(日) 10:55:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2組の来客

2組の友達が来ました。

1~3日 2泊3日 同級生2人
一人は3回目、一人は2回目の宮古島。すっかりシュノーケルに魅了された二人。
二人とも、中学高校の同級生。もちろん、何を話しても楽しい。

5~6日 1泊2日 同級生となじみのマスター

マスターとの付き合いはもう30年以上になります。
若い時、辛い時も楽しい時も、いつも、同じ場所にあったバー。今も30年前と変わらない場所に変わらないカウンター、変わらないマスターがいる。決しておしゃべりではなく、かといって気難しいわけではない。そんな人。
今回、は同じ常連の同級生が連れてきてくれました。
腰の重い人が、ここまで来てくれたんです。
ぜったいに、いい思い出を作ってもらいたい。

★ 海 ★

同級生2人は到着日、池間の海へ。少し濁りはありましたが、元気になってきたサンゴに私も嬉しい。
2日目、すばらしい!海でした。すばらしい透明度。そして穏やかな海。
1-05.jpg 
手に届くような透明度。
1-02.jpg 
1-03.jpg 
この日のベストショット!
1-04.jpg 
ウツボも見たし、イカも見られました。
1-8.jpg 
 2時間も泳ぎました。ちょっと波酔いしたみたい。「ムカムカしたけど、帰りたくなかったから、我慢した」そうです。(笑)
こんなベストコンディションの海に出会えるのは稀。
その気持ち、わかります。



2組目。な、なんと台風1号発生!7日に宮古島付近に接近予想。なんてこと!
波予想では、東・南海岸は2m以上の波予想。う~~~ん。本当は池間に連れて行きたい。でも…。
マスターは、決して若いとはいえない年齢。しかも日々、ほぼ運動していない。
こんな時は…
安全第一。穏やかでなければ、楽しくない。
風下の伊良部中の島に決定。
一泊二日の日程なので、変更はない。 大丈夫、きっと楽しいはず。
2-01.jpg 
空港から伊良部中の島へ直行。大潮の干潮。平日とあって、そんなに人に溢れてはいなかった。
なんといっても、この穏やかさ。よかった。
2-02.jpg 
残念ながら、かなり濁っている。でも、思ったよりサンゴもある。
なんといっても魚の数と種類が多い!
2-04.jpg 
クマノミはあちこちにたくさん。
2-03.jpg 
はい、ちゃんとセジロクマノミも見つけましたよ。
ライフジャケットを着て、私がひっぱる浮輪を持ってもらって。ゆるゆると海を散歩。
中の島の魅力は、浜から近くでも、深みもあって、ちょっと深い海の楽しさを感じられるところ。
なんと、2回も泳ぎました。
大丈夫?
2-06.jpg 
「ね、大丈夫?! 」あまりぼんやり浮かんでいると、思わず気を失っているのでは、とドキドキしました。
気を失っているわけではありません。
ちょっと疲れただけです。(笑)

台風の前の海でも、ちゃんと場所と時間を選べば、安全に楽しく遊べます。
ビーチにこだわらず、自分の体力にあわせて泳ぎましょう。
よかったよかった。

★ 青の競演 ★

キレイな青い海も、たくさんん、見てもらえました。

伊良部大橋の青。
5-1.jpg 
2組目2日目はドライブへ。
来間の展望台から見た青。
5-2.jpg 
舞浜ビーチ。これぞ!ザ・リゾート・ビーチ!
5-3.jpg 
いずれも、全て無修正の青です。

★ 夜 ★

夜も楽しみました。
「サガリバナ&星空」ツアー。
サガリバナのライトアップは3日まで。残念ながら見られなかったお二人に、ライトアップの時のサガリバナの写真をおみせしましょう。 
3-3.jpg  
3-2_20160706195756800.jpg 3-4.jpg 
白い花とピンクがかった花があります。
キレイでしたぁ。

そのあと、星を見ましたね。
天の川も見えたし、はくちょう座も見つけられました。
星がありすぎて、どれがどの星座か、わからなかった。
でも、キレイでした。

★ 食べたもの ★

朝ごはん。同じくガーデン・モーニング。
4-1_2016070619590231e.jpg 
マンゴー、ドラゴンフルーツ、島バナナ。焼き立てパン、手作りベーコンのベーコンエッグ、サラダ。

夕食前の前菜は、ウチのエビの唐揚げ
4-3.jpg 
「一匹ずつ、獲ったのよ!」の解説つき。

昼食は、中休み食堂の鶏そーきそば。
4-2_2016070619590589d.jpg 
宮古の今の注目の店も味わってもらわなくちゃ、ね。



1組目は本当に幸運がいっぱい。
稀なコンディションの海、池間では海にかかる虹、伊良部大橋からはウミガメが見えた。
すっごい強運の持ち主。
2組目は台風の影響も最小で、素晴らしい青が見られた。
やっぱり運がいい。

いつも、最高!のコンディションとは限らないけど、その状況で最高のアテンドをしたいと思う。
忙しい中、休みをとってスケジュールを組んで、決して安くないお金をはらって、時間をかけて、遠くから来てくれるんだもの。

楽しんでくれたかなぁ。
楽しんでくれたよね。
宮古島の海と空、ありがとうね。
楽しかった。
みんな、来てくれてありがとうね!

おまけ
7.jpg 
空港で見送って帰ってきて、いちおう台風準備をすませて。
ほっと空を見上げたら、虹が出ていました。

台風もそれて強風ぐらいだし。
明日は、ゆっくりしよう。





コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2016/07/06(水) 20:52:59|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (30)
ワンコ (89)
ごはん (63)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (32)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム