クーの毎日

ワンコいっぱいイベント

ワンコのイベントがありました。
麻布十番犬猫クリニック宮古島分院の3周年感謝イベントです。
いつも5匹がお世話になっている獣医さんなので、私たちも少しお手伝いをしました。

場所は袖山ガーデン。
天気予報は雨。「ああ、どうか、降らないで!」という強い願いが叶ったのか、奇跡的にポツリとも降りませんでした。
01_20160317215637343.jpg 
芝生が広がる会場で、いろんなコーナーが開かれていました。

無料の健康診断。
20160312_133244.jpg 
病院に行くほどではないけれど、ちょっと気になっているペットの症状。
この機会に相談ができました。

しつけ教室
06_20160317215725189.jpg 
待て、などの基本を始め、日頃の犬との付き合い方を教わりました。

建物内では、写真コンテストや抽選の他、業者さんによる歯のケアの説明なども。
04_201603172156438bb.jpg 
ハミガキガムなどのお土産ももらいました。
05_20160317215643499.jpg 
たくさんのパネルには、「食べさせてはいけないもの」や、フィラリア予防の大切さのほか、宮古島の捨て犬の現状など。
犬や猫を飼う上で、知っておかなければいけない知識が学べます。

参加された方々は、ゆっくりと時間をかけて、交流を楽しみました。
07_2016031721572893e.jpg 03_2016031721564525a.jpg 
この3月に島を離れる獣医さんの周りには、別れを惜しむ人や犬がたくさん集まっていました。

02_201603172156390b7.jpg 
たくさんのワンコ達!
「ウチの子は…」「かわいいですね…」いろんな会話が弾みました。
みんな、笑顔。犬どうしを遊ばせたりして、ゆっくりとした楽しいイベントでした。




こういうイベントは、宮古島ではめずらしい。というか、このクリニックが主催するまで、開かれなかったのではないでしょうか。

犬や猫に対する意識は、東京などの都会とは、ずいぶん違います。
とくに高齢の島の人たちの中には、畑を守る番犬など「役に立つ家畜」として犬を見ている人がいます。
そういう人達にとって、
「役に立たない家畜」に、お金をかけることはしません。
「役に立たなくなった家畜」は、処分するか、捨てるかです。

島に来て、かならずしも「犬=家族」という考え方が全てではない、ということを、知りました。
宮古島では、ヤギが身近に飼われています。
ヤギに名前はつけません。食用ですから。
私たちは豚も牛も、なんの罪悪感もなく毎日、食べています。
では、ヤギはどうですか?
「家畜」と「家族」の違いは、何なのでしょう。

イベントのお手伝いのために、いろんな資料を集めました。

宮古島で1年間で殺処分される犬の数は、東京都全体と同じ。
この5万人程度が住む小さな島と、1000万人が住む東京都全体と、同じ。

狂犬病の予防注射の接種率もおそらく5割に満たない。
放し飼いが多く、野犬や飼い犬かわからない犬が、あちこちで咬傷事故を起こす。
避妊・去勢手術をせず、たくさんの子犬が産まれ捨てられる。

自由に町を歩き、子犬を作り産む。「それが自然な犬の姿」だと、考えている人もいる。
その結果が、この殺処分数だ。

今回も保護施設に入れられている犬の写真を、「里親募集」で掲載しました。
作業の途中で、5匹の写真がはずされていました。
5日間しか保護期間が過ぎて、殺処分されたのでしょう。
施設から犬を引き取る人は、ほとんどいません。そんな活動もほぼ行われておりません。

5匹は、全部、かわいい子犬でした。

自分の行動力の無さを責めます。
せめて、こうしたイベントを手伝うことで、何もしていない自分への罪悪感を少し軽くしているだけです。

犬や猫を、家族の一員として、責任を持って最後まで大切にしてあげる。
それが当たり前になってほしい。
イベントに参加した方々は、それが当たり前の人たちです。犬の健康のこと、しつけのこと、食べ物のことを楽しく話せる。
こういう場が増え、こういう人達が増え、これが当たり前になってほしい。

東京のように、犬猫用の高い洋服や高級なフードはいらない。
でも、知識を持って、大切に飼ってほしい。
宮古島の犬だって東京の大金持ちの犬だって、サビシイも痛いもお腹すいたも、楽しいも嬉しいも、大好きも、同じように感じる。
大切にしてあげようよ。



そんな気持ちで帰ってきたら…

これだ…。鰹節の大袋の半分。食べられた。
10_20160317215730393.jpg 
食べてノドが渇いたのか、水が全部なくなってた。
チャー…。
くそっ!不注意な私がいけなかったけどね!優しくしてやりたいけどね!結構高いのよ、鰹節だって!!!
20160311_185527.jpg
 
それと、ソファーの背で寝るのはやめなさい。危ないし。偉そうだし。
それに、あなたが敷いているのは私のトレーナーだし。
ふん、屋根の上にでも寝られるね。
おまえはスヌーピーかっ!



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



スポンサーサイト
  1. 2016/03/17(木) 22:55:36|
  2. お祭り・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<神戸からのお友達 | ホーム | 別れの季節>>

コメント

「宮古島で1年間で殺処分される犬の数は、東京都全体と同じ。」ですか。驚きました!!
片っ端から捕まえて、殺している感じさえします。
いかに宮古の人間は生き物を大事にしていない
証左になりますね。

仰るように、宮古の多くの人たちの犬への考え方がおかしいですね。
犬を自然に放置していたら狼になり、ヤギなどを
襲う野獣になります。

犬にも心があります。家族になるのもならないのも人間の心一つですね。避妊・去勢手術をし、
死ぬまで大事に育てて欲しいですね。

ま、チャーのすることなど可愛いもんですよ(ガツン)
  1. 2016/03/18(金) 18:55:00 |
  2. URL |
  3. kura #IWvj7qqM
  4. [ 編集 ]

kuraさん。

そのとおりですね。
犬にも猫にも心があります。
一緒に暮らしていると、そのことがよくわかります。
愛しいものです。
  1. 2016/03/18(金) 22:53:23 |
  2. URL |
  3. kumama #-
  4. [ 編集 ]

「神戸からのお友達」記事のコメントをしようと
したら、前のコメント欄が出てきます。

彼のシャンソン、ちょっと聴きたかったなと思いました。身振り、手振りで、エレガントに歌われましたか。上手だったようで、よかったです。

食通のkumamaさんのお店情報は
大変参考になります。伊良部のお蕎麦屋さんと
列をなすケーキ屋さんには行ってみたいと思いました。

彼は天候に恵まれたようで、良かったですね。
kumamaさんの歓待とエビとり魅力に憑かれて
次回もきっと来られると思いますよ。
  1. 2016/03/24(木) 08:38:35 |
  2. URL |
  3. kura #IWvj7qqM
  4. [ 編集 ]

kuraさん。

失礼しました。訂正しました。
外食も、ひとつのイベント。うちは外食が大好きです。
たまには、一緒に行きましょう!
  1. 2016/03/24(木) 20:08:40 |
  2. URL |
  3. kumama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakohome.blog.fc2.com/tb.php/350-30e2a886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (30)
ワンコ (89)
ごはん (63)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (32)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム