クーの毎日

感謝の春味

桜はもう、終わりましたか?
島は日に日に夏にむかっています。
20160409_100109.jpg 
少し天気がよくなかった舞浜ビーチ。17日には、ここで熱いトライアスロンが行われます。
これが、「でいご」の花です。
20160409_094631.jpg 
歌では聞くけど、見たことはないわ、という方が多いでしょう。
大きく赤く、強さを感じる花です。



神戸にいたとき、春は「いかなご」から始まり、筍で春めき、桜で頂きを迎えました。
どんなに美しい海を見ても、やはり恋しい。

そんなとき、春の味が送られてきました。

筍!!!

私は筍が大好きなんです。
でも、こちらでは水煮したパックの筍しか手にはいりにくいのです。

神戸の同級生が、筍を水煮して送ってくれました。
高い重い大きな筍を3つも\買って、それを大きな鍋で煮て冷まし、皮を剥いて、梱包して送る。
なんという手間をかけてくれたんでしょう。
しかも!
20160411_095204.jpg 
その日、パックのサンショが無かったということで、土つきの木を送ってくれました。

もう、感謝を超えて、感動です。

さっそく。筍づくし!
20160411_173515.jpg 
筍の土佐煮。これが好きで好きでたまりません。味わって、「あ~~」などと叫びながら、少しずつ食べます。
でも、無くなっちゃうんです。食べると。
20160411_173505.jpg 
筍の天麩羅。これもまた、美味しい!香りもそのまま。
20160411_173554.jpg 
そして、筍ごはん!!!!
贅沢に、ゴロゴロと切って入れました。
筍ごはんを食べると、昔、母と京都に行って筍ごはんを食べたのを思い出します。

そう、春は、母を思い出す季節。
「桜が咲いているから、帰っておいで」と、母が電話をかけてきました。
夙川のほとりで、セリや土筆をつみました。
ああ、胸がいっぱいになる味。

そして、筍ごはんと一緒にいただくのは…いかなご!
20160411_174619.jpg 
いかなごの釘煮も、毎年、送ってくれます。
これもまた、大好物なんです。神戸に居た時はダンナが上手に炊きました。

贅沢すぎる食事、ごちそうさま。
思い出と一緒に、胸いっぱい、食べました。ありがとうございました。



もうひとつ、春の味。
和菓子。
宮古島では、お餅やおまんじゅうなどの和菓子は豊富です。でも、練りきりのような和菓子はありません。
桜の頃には、桜餅、子供の日には柏餅。ときどきは贅沢に、季節に合わせた練りきり。
美しい和菓子!

和菓子を上手に作る島の若奥さん。
ほら!こんなに可愛い和菓子を持ってきてくれました!!!
20160411_130343.jpg 
もう、すごいったらありゃしない。
20160411_131310.jpg 
お抹茶をいれて
20160411_131453.jpg 20160411_133736.jpg 
ぜいたくに2つも。
うれしいですね。すごいわぁ。
いつか、カフェを開いてください。待ってます。

筍も、和菓子も、東京や神戸にいたころには、とくに意識しませんでした。
デパートの地下で買うものでした。
「欲しければ、いつでも手に入る」ものでした。
ありがたみは感じませんでした。

ダンナと二人、「あ~~」「うま~~い!」「しあわせ~~」と叫びながら、一口一口味わって食べる。
送ってくれた、作ってくれた友達に感謝しながら。
いろんな思いでにひたりながら。
これを「味わう」というのでしょうね。
簡単に手に入らないからこそ、味わえる味なのかもしれません。

梅棹忠雄先生の著書の中に、「幸福の指標」という文を思い出しました。

フィールドワーカーたちは世界の奥地に行ったとき、現地の材料を駆使して、日本料理を作ります。
「あー美味い、こんなところで、こんなにうまい日本料理を食べられるなんて、なんて幸せなんだろう」と感じます。
そのあと、京都に帰ってきて食べた日本料理は、とんでもなく美味しくて驚きます。
で、思います。「あの時、美味しいと思って食べた日本料理はなんだったんだろう?あの時感じた幸せはなんだったんだろう?」

東京にいたときは、高級なお店で筍を食べられた。きっとすごく美味しいものだったのでしょう。
でも、今日の筍や和菓子は、どんな京都の料亭の料理よりも、どんな高級店の和菓子よりも、美味しいと思いました。
きっと、ずっと忘れない。

欲すること。
心をこめて作ること。
味わうこと。
感謝すること。

本当の美味しさは、想いにあり。

ありがとう!ですね。


★おまけ 「今日のチャー」

ひでー顔だな。
20160411_220140.jpg 
ソファの半分を占領して、この顔ですから。
ふ…。

この翌晩、雷がなりました。怖い怖いと鳴いて、大騒ぎ。
寝室の扉をあけてくれとせがみ、あけてやるといちもくさんに私のベッドへ。
ずっとピットシと離れずに寝ました。

ふ…甘やかしちゃった。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから




スポンサーサイト
  1. 2016/04/13(水) 11:47:17|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熊本震災 | ホーム | うりずんの季節>>

コメント

こんにちは
チャーの顔を見て大笑い。
母ちゃんにしがみつくとは可愛いとこ
ありますね。

人間、慣れてしまうと、ありがたみが
わからないのかもしれませんね。
こわいことです。
  1. 2016/04/17(日) 16:17:46 |
  2. URL |
  3. kura #IWvj7qqM
  4. [ 編集 ]

kuraさん。

幸せは状況ではなく、感じるものですね。
いたずら坊主も、幸せの卵です。
  1. 2016/04/19(火) 20:02:29 |
  2. URL |
  3. kumama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakohome.blog.fc2.com/tb.php/354-06926291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (30)
ワンコ (89)
ごはん (63)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (32)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム