クーの毎日

潮漬けの日々

シュノーケル部がスタートしたのは、5月27日。
それから海が止まりません。

・27日 南海岸
・28日 新城
・30日 クマザ
・31日 池間ハート岩
・   3日 南海岸
・   5日 白鳥(午前) + 東海岸(午後)
10日間のうち、6日、海に入ってます。(笑)

もう、潮漬けの日々です。
それだけ、晴れてるってことです。それだけ、海が穏やかってことです。
台風が来ません。海水温がどんどん上がるのが心配です。

こんなに海が好きになると思いませんでした。シュノーケルがなければ人生が無いってくらい、大好きになるなんて!
移住前には思ってもいませんでした。
で、買っちゃいました。ネットでポイント使って、9700円。(送料込)
00_2016060608002026f.jpg 
新しいフィン!
先日、先割れタイプのフィンが欲しい!これは「必要なものか?あったらいいものか?」と悩んでいましたが、結局、別のを買いました。
先割れタイプのフィン(=バイオ・フィン)をお持ちの方に、一度借りてつかってみました。
確かに軽い。もう水を掻いている気がしないぐらい軽くて、しかも進む。でも、思いっきりバタバタしても、あまり進み方が変わらない。
う~ん。物足りないかも。3万円もするし…。
超ベテランダイバーがMEWを貸してくれました。
!いい!これ、すっごく合う!思い通りに、グンッって進んでくれる。すっごく違う!
ってことで、「必要かなぁ」などと考える間もなく、(今月はお金もないっていうのに)、買っちゃいました。
借りたのは一体型タイプですが、買ったのはマリンブーツをはいたまま装着できる、ベルトタイプ。そして赤。水の中で目立つようにね。

最高です。
嬉しくて、水の中で、駆けっこしてたら、見られていて笑われました。それぐらい嬉しい。
ほほほほほほほ!(笑)


なもんで、海に行きたくて行きたくて。

好きなのは、アウトリーフの光のカーテン。せっせと浅いリーフを泳ぎ、淵に来てこの青に浮かぶと、あ~~!と叫ぶほど楽しい。
01_2016060608023429a.jpg 
海と一体になった感じ?この縁を、深い青の底を見たり、崖に遊ぶ魚たちを見たりするのが楽しい。

リーフ内だって、もちろん!好き。
やっぱり一番好きなのは、枝サンゴに群れるデバスズメダイの群れ。マスクの中でグフフフフと笑っちゃう。
22_20160606080321b14.jpg  
キラキラした小魚たちの群れに合うと、「キレキレイ」って感動します。これぞ、シュノーケルって感じ。
 
ハマサンゴの上に、キレイな熱帯魚ガーデンがありました。  
23_20160606082902da5.jpg 
映像はコチラから
クマノミやスズメダイ、赤、青、水色、黄色、いろんな色の小魚たちが住んでいます。
本当に、天然の水槽のようでした。ずっと見てました。

そしてときどき、大きな海の生き物に会うと、それはもう興奮。
東海岸で、その幸運に出会いました。
リーフの淵。一緒に泳いでいる人が、下を指さしました。
わかりますか?
04_20160606080236686.jpg 
ヒントは、丸いカーブ。ちょうど真ん中に、亀の甲羅が見えます。足も見えます。
頭をサンゴの下に突っ込んで、たぶん、一生懸命、何かを食べているのでしょう。
潜ろうとしたら…あっ!と気がついて…
05_2016060608024332a.jpg 
シャーと逃げて行きました。小さめの子でした。
あわてた様子が可愛かった。ご飯中、驚かせてごめんね。

ブログでいつも紹介するのは、キレイで豊かな海の様子ばかりです。
でも、実はそんなに楽観的な状況ではありません。
次々とサンゴが死んでいきます。おととし泳いだポイントが、去年は全滅。
3年前にキレイだったポイントは、もう、ガレキの山。
潜って、惨憺たる状態を見ると、絶句。海からあがっても、絶望的な気持ちになります。

今回は、潜った7か所中、3か所がそうした状況でした。
30_20160606080025f0a.jpg  
死にかけたサンゴやサンゴの残骸に、藻がついています。きっと、ちょっと前までは、元気でみごとなサンゴだったんだろうなぁと思われる、サンゴの群生の残骸。死にかけたサンゴの間を、少しだけ残った魚たちがウロウロしているのが、とても悲しい。
この場所では、水温が異常に高く水も黄色く濁り、臭く、海そのものが死んでいる状況でした。
浜の近くは、こんな状況がよく見られます。

原因はいろいろあるんだと思います。
オニヒトデ。オニヒトデはあっと言う間にサンゴを食べつくします。テーブルサンゴが壊滅していて、枝サンゴだけが少しだけ残っている状態。
水温の上昇。台風が来ないで、晴れが続くと、リーフ内の水温はどんどん高くなっていきます。ぬるめの温泉のようです。そんな状況が2,3年前にもあり、海面全体がサンゴが出す泡と藻で覆われました。
開発によるもの。工事によって砂や汚れが海水に流れ出たり、潮の流れが変わったりすると、あっと言う間に海の形は変わります。

原因はよく知りません。
でも、すごいスピードで、宮古島のサンゴ、とくに浜近くのサンゴは減ってきていると思います。
専門家に聞いたら、「総体としてはそれほどじゃない」そうですが、浜近くをシュノーケルする私たちにとっては、かなり辛い状況です。

リゾート開発に拍車がかかっている宮古島。
リゾートができたら、そのころにはパンフレットにあるサンゴの海がなくなっていた、なんてことのないように。

祈るばかりです。
祈りながら、とにかく海を楽しむばかり。

「宮古島のサンゴは、もう、荒れてダメだね」と、別の海を探して潜りに行ける人はいいのかもしれません。
でも、私は宮古島に住んじゃっているから。他の海はないから。
この海に最後のサンゴがあるまで、そのサンゴを見に海にはいるだろうなぁ。

今日はさすがに曇り。そろそろ雨も降ってほしい。
来週末から関西へ行きます。
7月はきっと台風が来るでしょう。来てくれないと、困る。来てほしくないけど。
そうなるとまた泳げない。

と、いうわけで、潮漬けの日々でした。


コメントいただくとうれしいです。一言コチラから

スポンサーサイト
  1. 2016/06/06(月) 09:00:22|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊良部 | ホーム | 日射の庭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakohome.blog.fc2.com/tb.php/369-54bb2fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (28)
景色・空・海 (29)
ワンコ (88)
ごはん (60)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム