クーの毎日

シュノーケリングの力

晴れが続く。ので、海も続く。
関西から18日に帰ってきて、19、23、24、26と行きました。2日に1度のハイペースです。もっと行きたい気分です。暑くて海以外、何もする気にならないし…。

晴れると、宮古島は楽園になります。
0001_20160628092625b2d.jpg 
透明と多彩な青の競演。

この4日間で撮った写真をちょっと大きめで紹介します。
もっと大きく見たい方は、写真をクリックください。

★写真

写真を撮る理由は、いくつかあります。
可愛いさかなや珍しい生き物を見た時ついシャッターを切ります。
11_2016062809263893b.jpg 
セジロクマノミ。可愛いやつらと。とくにクマノミはイソギンチャクから離れないので撮りやすい。
キレイなサンゴを見ると、やっぱり撮ります。
10_2016062809262870e.jpg 
最近では、「来年も元気でいてほしい」と祈りながら、シャッターを押します。もう、写真の中にしかないサンゴもあります。

最近、少しトライしていることがあります。
「水中に潜った状態での写真」
14_20160628092634e5b.jpg 
水中に潜って、上を向いて撮った写真。う~ん。やっぱりブレてる。
左手で岩を持って、体が浮かばないように固定して撮るのですが、できない。
問題は「息が続かない」ではなく、「体が浮かびすぎる」。そう、脂肪が多すぎるのね。ふ。
13_201606280926359c9.jpg 
これは、まあ、上出来の方でしょう。
水中写真は、けっこう、撮っているのにいっこうに上手くならない。
良いカメラが欲しい。ハウジングも欲しい。
その前に、脂肪を少しでもなんとかせねば、これ以上は望めない。
15_20160628092657b17.jpg 
なわけで、上からのサンゴの写真。デザインの面白さでごまかすのでした。



今でこそ、1時間半ちかく、ガンガン沖まで行っていますが、島に来た時には、シュノーケル初心者でした。
主に池間や吉野へ、月に2~3回のペース。もちろん、アウトリーフや隠れポイントには行けませんでした。リーフ内でゆったりプカプカと浮かんで楽しむシュノーケル。1mですら、潜ることもできませんでした。
ずいぶんと、私のシュノーケリングも上達したものです。
19_20160628092702b38.jpg 
今のお友達と会って、はじめてアウトリーフに連れて行ってもらったのが、2014年6月。
それから、私の海人生が変わりました。
初めは怖くて、リーフの上から下を覗き込むようにして、ずっと緊張していました。
「ついていけなくなったらどうしよう?」と不安で、一生懸命でした。

しかし、先日、かなりメゲルことがありました。
その日は若い2人とNさん(部長と呼んでます)と、伊良部シラトリへ。
かなり潮の流れが速く、泳いでも泳いでも、なかなか前へ進みません。
3人はガンガンと沖へ。
最初は貝をとったりもしていたのですが、そのうちに余裕がなくなり、気がつくと私だけが遅れる、を繰り返す。
40分ほど泳いだところで、とうとう、音をあげました。
「潮が速くて、キツイ!帰りた~い」
みなさん、私に付き合って、浜に戻ることに。
しかも帰る浜を間違えそうになった私。
はぁ~…ごめんなさい。情けない。
怖さを感じるほどではありませんでしたが、浜がとても遠くに感じました。
鍛えなきゃ。

アウトリーフは遠く、遠い場所では、片道20分以上かかります。最低1時間~1時間半は泳げる力がなければ、行けません。
それでも、波が穏やかだと、行きたい!と思います。
あの青い海、淵に群れる魚たち、崖を飾るサンゴ。
その深遠の青いカーテンを見ると、もう、たまらない。
21_20160628092706068.jpg 
22_20160628092705513.jpg 
写真をアップしてても、また、行きたい!と思ってしまう。
そのためにも、しっかりしたフィンを買って、長時間のフィンスィムができるよう、日頃から鍛えておかねば。
がんばろう!

★ 池間

私にシュノーケルの楽しさを教えてくれたのは、池間ブロックポイントでした。部活ではアウトリーフなどの長時間スイム(1時間半程度)が普通なので、このポイントは小さすぎて行きません。今年は一度も行っていませんでした。
今週末~来週に来る友達のために、久しぶりに池間の下見に行ってきました。
31_201606280927252fd.jpg 
小さいけれど、美しい砂のビーチ。
一時はすごい人気で、夏の土日は「海水浴場か!」と突っ込みたくなるほどでしたが、伊良部大橋ができてから、中の島に人気が集中し、少し落ち着いた感じ。
2014年にオニヒトデが大発生して、テーブルサンゴは全滅、枝サンゴも半分近くやられました。かなり泣きたい状況でした。
先日、島の反対側の♡岩あたりに潜ったら、完全にガレバ(ガレキ)と化していて、かなり不安な気持ちで来ました。

でも。大丈夫でした!!!
32_20160628092732c6d.jpg 
枝サンゴは元気を取り戻していました。すごい底力です。
33_201606280927336ae.jpg 
魚も心なしか、数が戻ってきたような気がします。イカにも会えました。
34_20160628092736637.jpg 
浜に近いカクレクマノミは、去年、姿を消していましたが、深いところのこの子たちは元気でした。
あ~~よかったよかった。
うれしいうれしい。
しかも、「サンゴの上に、乗っちゃだめですよ!」と大声をかける男性もいてくれて、それも嬉しかった。

やっぱり愛してやまない池間ブロック。
今週も友達と一緒に、この海を楽しめます。
小さなポイント。ここならば、一人でも大丈夫かな。


私の海人生を変えてくれたお友達に感謝。
多様な顔を見せてくれる宮古島の海に感謝。
まだまだ楽しむぞ~!

みなさん、ぜったいここに来るべき!海にはいってみるべき!



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから



スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 11:03:05|
  2. 海遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<庭仕事はハード | ホーム | ご報告 パーキンソン>>

コメント

シュノーケル大好きのkumamaさんには
炎天の日々は天国ですね。

何事にもレベルアップしたいお気持ちは
流石です。

ただ、海は魔物。十分、ご理解されている
と思いますが、どうぞ、無理はなさいませんようにと、余計なお世話ながら、老婆心として、お伝えしておきます。
  1. 2016/06/29(水) 16:03:34 |
  2. URL |
  3. kura #IWvj7qqM
  4. [ 編集 ]

kuraさん

おっしゃるとおりです。
ときどきは怖さを感じることも必要だと思いました。
それでも海に入らずにはいられません。海はすごい。
  1. 2016/06/30(木) 20:12:19 |
  2. URL |
  3. kumama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakohome.blog.fc2.com/tb.php/374-b7d58de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (27)
景色・空・海 (29)
ワンコ (87)
ごはん (59)
畑・庭 (33)
海遊び (68)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (65)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム