クーの毎日

私がボランティアを始めた理由

あー気がついたら、12月になってしまってました。
ご無沙汰しておりました。

今まで、このブログでは「こんなことがあったよー」と、食べたものや行ったところを書いてきましたが、犬ボランティア中心の生活になったため、あまり写真も無く、ネタもありません。

犬ボランティアでもブログをアップしています。ここでそれ以外のことを書くと、「裏」話になりそうで書くのをやめていたのですが、やっぱりそれも自分の日記なので書くことにしました。
文字ばかりで結構長いですが、よければ読んでみてください。
今回は第1話。「はじめた理由」です。


私がボランティアを始めた理由


もともと、ボランティアはもちろん、募金すら、全くしない人間でした。
白状しますが、「宮古島の犬のために、何かやりたい!」という熱い思いから始めたわけでもありません。
ある方に「時間があるなら、社会貢献でもしたら?」と言われた時も、「なんだそれ?」と正直、思いました。

じゃあ、どうして?うーん。それも、宮古島に移住したのと同じで、「なんとなく運命みたいなもの」にひっぱられて…。
それじゃあ、わからんので、具体的なきっかけを書きます。

はじめの前。「遊びの限界」

移住して6年間、ただひたすら遊ぶ。海に週2日以上行き、何もない毎日を楽しみ。毎日、「なにしよっかなー」と極楽な日々を過ごしていました。ある時、遊び友達とちょっと上手くいかないことがあり、一緒に海に行けなくなって、ウダウダと悩みました。
「遊ぶのも、面倒なことがあるんだなぁ」と思いました。極楽な毎日に、ちょっとだけ疑問を感じました。

そんな折り、友達のお店づくりを手伝いました。それが無茶苦茶たのしかった。まあ「夢中」になったわけですね。
…で気づきました。「ひょっとして、私、エネルギー、ありあまってるんじゃない?

そんな折り、「ボランティア募集」の記事をみつける。

やってみるかなぁ」…そんな軽い気持ちでした。

もし、このとき、「陶芸教室無料!」の記事があれば、今頃は陶芸にはまっていたかもしれません。
もし、友達と上手くいっていれば、ボランティアはしていなかったかもしれません。
ダイビングをするにもお金がかかるしなぁ…そんな、たくさんある「何しよう?」のひとつだったのです。

そう。そんなもんだったんです。きっかけは。

一歩ふみだす。「これは、運命かもしれんなぁ」

ポスターを作ったり、NPOを作るために資料をまとめたりしていました。犬を預かってみたりもしました。
いろいろ、ありました。でも、あくまで「ちょっと」でした。いつやめてもいいし、いつ、本気になってもいい状態。

8月の終わり、メインのスタッフが一人辞めるかもしれない、という話を聞きました。そうなると、中心スタッフは2名になるらしい。その時、今の現場を切り盛りしている人に偶然会って、思わず「なんかあったら言ってね、私も手伝うから」と、言ってしまって…瞬間「あ、これ、やばいな」と思いました。
これは、私、やるな。やり始めたら、やめないな。しょうがない。覚悟を決めて、やるか…。

だって…。その人は、保護した全ての犬をほぼ一人で面倒をみていて、しかも小さな子供もいる。対して私はヒマ。
その人は、私に一言も「手伝って欲しい」と言わなかった。
「大変だ」とも言わなかったし、「やめる」とも言わなかった。
実は、ちゃんと話したことすら、無かった。
でも、わかっていた。犬の保護をやめるわけにはいかないし、きっと、やるだろうなぁ、この人は。とんでもなく大変だろうな。もう一人の女の子と、現場はどうなるんだろう…。

ここで手伝わない、という選択肢は、私にはなかった。

それが、ボランティアを始めた理由です。

あの瞬間、自分が運命にぐぁわーっとひっぱられていくのを感じました。
強い意志とか、高邁な理想とかではなく。「しょうがない、やるか」という、なんとも消極的な覚悟でした。
それから生活は一変。極楽でボンヤリした日々は、犬まみれの日々になりました。

彼女の存在がなければ、たぶん、やってなかったと思います。
ボランティアを始めるきっかけは、いろいろあるんだと思います。
私の場合、理由を聞かれると、移住と同じで、なさけなくも「なんとなく」としか、答えようがないのです。

まあ、ボランティアって、はじめるキッカケなど、なんでもいいのだと思います。

「なんのためにボランティアをやるの?」
「無責任にはじめるべきじゃないよ」…などとおっしゃる方もいるかと思います。
私は、きっかけは何でもいいと思うし、いろいろあると思います。

そう。私がはじめた理由は、ある人と出会ったから。犬が好きだったから。そして「ヒマだったから」。


コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
スポンサーサイト
  1. 2017/12/06(水) 00:21:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あけましておめでとうございます | ホーム | 福井→神戸へ>>

コメント

ともあれ、人のためであろうと、犬のためであろうと
ボランティア活動は美しい行為ですね。

kumamaさんたちの活動のお陰で、尊い命が
多く救われました。

人としての本質的な生き方のような気がします。
  1. 2017/12/07(木) 03:47:46 |
  2. URL |
  3. kura #IWvj7qqM
  4. [ 編集 ]

kuraさん。

ほめられると、くすぐったいです。
自分でやりたいことだけ、やりたい程度にやっているので。
まあ、犬まみれ・泥まみれで、実際は美しいとは程遠いですが…(笑)
  1. 2017/12/07(木) 15:54:43 |
  2. URL |
  3. kumama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakohome.blog.fc2.com/tb.php/444-c87b394a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (29)
景色・空・海 (31)
ワンコ (91)
ごはん (68)
畑・庭 (34)
海遊び (70)
お祭り・イベント (35)
お知らせ (4)
未分類 (67)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム