クーの毎日

冬に美味しい

南の島にも冬がやってきました。
といっても、23度ぐらいです。20度を切ったらストーブ点ける島ですので。
とうとう、フリースやトレーナーを着始めました。

ワンコ達のベッドにも、毛布をひいてあげました。
寒かったからでしょうか、クーが寝ていたカゴに、無理やりヒメが入ってきました。
11_20161129093627b37.jpg 
「いい夫婦の日だから」と、言わんばかり。
ヒメは昔から、クーの側で寝るのが好き。でも…クーは迷惑そう。
しばらくして、そっとクーは別のベッドにいきました。(笑)

私は、といえば暖かいお布団が気持ち良くて、ゴロゴロ2度寝。
そんなことをしていると、「どーしたのー?」と来る二人。
12_2016112909362926b.jpg 
ダイ、そんな責めるような眼で見ないで。
世界一かわいい兄弟。と、馬鹿飼い主は呼ぶのです。ふふふ。きゃわいいヤツらだ。
起きねばなるまい。



お友達と「うえすやー」に行きました。
うえすやーの大きな窓が好き。緑したたる庭が見えます。
02_201611290936257a9.jpg 
田中一村の絵のよう。ジャングルみたいな庭が好き。でもウチではできない。
食べたのはアジア風島そば。
23_201611290936306b2.jpg 
さっぱりダシにレモンの酸味とパクチー。好きです。こういう味。
家でも素麺はこの味。家では、鶏ガラスープにもも肉やニラをいれて、魚醤(ニョクナム)で味つけてレモンを絞る。
フォー的なヤツね。



一時の「ご飯つくりたくない」病は、まだ少し残ってますが、まあまあ普通にご飯作りはしています。
寒いので、ついつい鍋に。
で、新たな鍋に挑戦しました。これが正解!
上の「フォー的」な麺の鍋バージョンです。

レシピ:
・鍋に。ニンニクとショウガのすりおろし(たっぷり)、鶏ガラスープ(粉末)、ニョクナムで味付け。→火にかけただけで、アジア料理店の香り!
・つけダレ。2種試しました。A=スイートチリソース+ニョクナム+レモン汁 B=コチジャン+ピーナツバター+鍋の汁
この日は豚と竹輪ぐらいしかなかったですが、すっごく!美味しかったです。
魚介ならば最高でしょう。

簡単なので、ぜひ、お試しください。

ポトフも作りました。
31_20161129093642833.jpg 
ダンナが好きなので、よく作りますが、今まで一度も「美味しい」と思ったことなし。まずくはないが「ふ~ん」って感じでした。
なのに!
今回作ったポトフは、なぜかと~~~~っても美味しかった。
理由は2つ。
1.自家製ベーコンをどっさり入れたから。
2.ダンナが煮たから。
いつもは途中まで、圧力なべで煮て、玉ねぎや人参に火が通ってから、ジャガイモを入れて煮ます。
この日は、ルクルーゼの鍋にほぼ丸ごとの野菜を入れて、「ダンナ、よろしく!」と家を出ました。
ダンナは弱火で、とろとろと番をして、最後にジャガイモを入れて煮ました。
う~ん。やっぱり、愛が必要だったのね。

味付けは、上等なお塩。のみ!コンソメキューブなどは入れない方が良し。
フランスパンに、マスタードだけでは物足りなかろうと、マスカルポーネチーズを添えました。(本当はサワークリームにしたかったんだけど高かったのよね)。
これもよかった。

みなさん、ポトフには自家製ベーコンと、愛ですよ。



ビッグプロジェクトは、着々と?!まあ、ぼちぼちと、進んでいます。
(私のお店ではありません。念のために。)
今回もまたまた、お店の主に無断で、写真を掲載。
21_2016112910022400b.jpg 
苦労した天井漆喰塗りも、やっと終了!
もう、一生、漆喰をぬってるんじゃないかと思うぐらい、なかなか終わりませんでした。
漆喰塗ってる夢まで見ました。
さあ、やっと工作タイム!始まりだわ。うふふふふ。





コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2016/11/29(火) 10:08:44|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレス

「雨がよく降るな」と思ったら、台風になっていました。
でも、すぐに遠くへ行ってしまいました。
01_2016090719003056e.jpg 
雨と風。灰色の空と海です。海は荒れて、白い波がたくさん飛んでいます。
でも、台風ほどの風はないので、なんの片付けもせず。
楽ちんだけど、なんだかさみしい。



9月4日は、チャリティーイベントのお手伝いで、マティダ会館で、着物を着てお菓子とお茶をお出しするサービスをしていました。
次々と来るお客様に、次々とサービス。
慣れない着物で、翌日は足もぐったり。
でも、久々のイベントでなんだか楽しかったわ。根っから好きなのね、イベント。

9月10日には、お友達の三線チームに加わって、イベントに出演する予定。
またまたマティダ。
10月2日には、三線教室の芸能祭。宮古民謡協会の全ての先生と生徒が出演する、大イベントです。
もちろんマティダ。
練習しなくちゃいけません。
なんだか気持ちがバタバタしています。

楽しいけど、少し、しんどい。
ちょいとストレス。だけど誘ってもらって嬉しい。



ダンナが事故にあいました。
「いい先生がいるよ」と、整体師の人を紹介されました。
ウチに来てくれ、「とりあえず、診てあげましょう」(無料)。1時間ほどやってもらいました。なんだか、腕が上がるようになった感じ?
試しにやってみようか…。
で、予約して行きました。
40分5000円!?高っ!
まあ…少しでもよくなるならば…(そこが病気の弱み)。
で、結果。
「胸が痛いんだ」(ダンナ) 「ん?どうして?」(私) 「うつ伏せになって上から押されたときね」(ダ) 「痛いって言わなきゃ」(私) 「言ったよ!」(ダ)

翌日も痛みは治まらず、整形外科へ。
「ヒビがはいってますね」 !!!へっ!”!!
まさか!が本当になっちゃいました。

整形外科治療費、コルセット代含め、7000円。
ダンナ、1か月ほどはコルセット生活です。
治ると思って痛いのを我慢したのに、治るどころか怪我になり、不自由な生活に。はぁああああ…ダンナ、かわいそうだ。12000円もあったら、美味しいもの食べられたのにね。ああ、悔しい。

整体師に電話をして、ヒビがはいったことを言って、次からの治療は結構です、と断りました。
で、逆切れされました。
「ヒビぐらいは、私が気功で治しましょう。すぐに治ります。無料でいいから。」…とんでもない。
断ったら、「素人にわかるか!」と切れられ、私もさすがに「あなたの治療でヒビがはいったことは、認めますよね!」とちょい切れ。
…ふざけるな…って気持ち。

幸いにもダンナの怪我は、日常生活に支障が出るほどではなく。
友人に「背骨でなくて、よかったね」と言われ、ゾッとしました。確かに。



いい勉強になったといえば、そこまでですが、けっこう疲れました。
先週のゴミ捨て事件といい、人がらみのトラブルが続きました。
こういうトラブルは、とてもエネルギーを消耗します。めずらしくストレスを感じました。

人とのつながりが多くなればなるほど、ストレスも増えます。
トラブルだけでなく、気を使うこと、考え方の違いによるイライラなど、小さなストレスもあります。
私も迷惑をかけてるんじゃないか、とか、嫌われたんじゃないか、とグダグダ考えて疲れることもあります。
島に来て、友人もとても増えました。その分、人間関係のストレスも増えます。

まあ、仕事をしていたときに比べると、笑っちゃうほどストレスが無いですけどね。
よく、やってたなぁ。まだ仕事をしているみなさん、偉い!
(あんまり言うと、殴られそうだ)



9月5日はダンナの誕生日。
コルセットはしているものの、元気で調子はいい。焼き肉を食べに行くことにしました。
02_2016090719000942c.jpg 
(ああ、あの12000円があれば、もっと豪華な寿司も食べにいけたのに…。とグズグズ思う私。)
なんと、隣の席には偶然、ご近所のお友達が!
一緒に祝ってもらって、楽しい夕食になりました。良かった。
焼き肉をいっぱい食べて、
03_20160907190009db2.jpg 
家で誕生日ケーキを祝って。
まあ、いい誕生日だったね。いろいろあったけど。家で平和に誕生日を祝えて幸せ。
誕生日、おめでとう。



友達から頂いたドラゴンフルーツ。
04_201609071900078ad.jpg 
彼のお宅のドラゴンフルーツは特別。まずは見た目がキレイ。皮が薄い。そして、とても美味しい。
いままで、これ以上のドラゴンフルーツを食べたことはない。
「ほっておくだけ」とのことだけど、不思議だ。

島の友達が増えたなぁ、と思います。
それだけ、忙しくなったり、人間関係にいろいろあったりするかもしれません。
でも、友達がいなけりゃ、寂しくていられない。
海に行ったり、三線をひいたり、ゲームをしたり、料理を作ったり、モノを借りたりもらったり、犬の話をしたり、愚痴を言ったり聞いたり…。

感謝。
私もいろいろ迷惑をかけるかもしれないけれど、これからもよろしくお願いします。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから
  1. 2016/09/07(水) 19:48:06|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しいお店

先日、地元ラジオで紹介されていた、あたらしい麺屋さんに行ってきました。
ジャングルラーメン。
00_20160512150100685.jpg 
若い人がたむろしてました。
食べたのは、冷やしラーメン。720円(だったかな?忘れちゃった)
01_20160512150102ab1.jpg 
スープがとろりとして、細麺にからまって、なかなか良い感じでした。
とろみは、スープのゼラチン質が固まったものだそうです。
「できれば、ショウガとか辛味噌とかをつけてくれたら、もっと楽しめるわ」と、おばさんコメントをして帰りました。
ショウガ、辛味噌、酢を持参で行くかな。
02_20160512150106f6d.jpg 
もうひとつ、ルーロー飯(450円)も頼みました。
老夫婦2人のランチだと、この2品で十分。
ルーロー飯も、もやしがしゃきしゃきと効いていて、美味しかったです。
私の好みとしては、もっとガツンとハッカクなどの香辛料が効いている方がいいかな。
どちらも、味はGOODでした。

このお店の隣は手作りハンバーガーのお店。
若い人たちが頑張ってますね。評判いいです。




宮古島にも、たくさん、新しい店ができています中でも、一番、巷の女子の話題の中心は、Cona。
焼きタルト、カップケーキ、スコーン、シフォン…などなど。中でも「リリコイバター」(=パッションフルーツのバタークリーム)と、これを使ったタルトは絶品。
05_201605121501083e8.jpg 
パッションフルーツ好きにはたまらないでしょう。GWに来た方へのお土産にしました。
お店は不定期開店なので、お店の前の張り紙をチェックしておきます。
11:30からの営業なのですが、その時間に行くと、もう並んでます。(!驚!)宮古島で、ですよ。ビックリでしょ。
お店に入ると、ここが宮古島だとわからないぐらい、オシャレな焼き菓子がいっぱいです。
20160318_113139.jpg 
しかも、一人がたくさん買うので、「あ、無くなっちゃう…」とドキドキします。




以前にも、すてきなカフェはたくさんありました。
20150602_153652.jpg
来間島のPanipaniは、私の中で別格です。
探してみると、カフェでいっぱい!というぐらい、いろんなカフェがあり、今も増え続けています。
ベーグルは、カフェ&レストランのカフェグローリーでテイクアウトします。女子会ではかかせないお店です。
06_20160512150107cc5.jpg (facebookから画像を拝借しました)
ダンナの鍼灸治療を待つ間、いつもRadixでマンガを読むのが、私の楽しみ。
 20160301_144332.jpg 
喫茶店の良さを残す、落ち着くお店です。
他にも、海が見えるVividさんや、なんでも美味しい砂山カフェ、うえすやー、カフェブレスや叶、他にも書ききれないほど、たくさん。

「島らしい」昔ながらのお店もいいけれど、新しいパワーを感じる新しいお店も、理屈抜きに好きです。
新しいお店の情報が入ると、ワクワクと行きます。
東京に住んでいたときには、お店なんて溢れすぎて、まったく興味が無かったのにね。
これも島暮らしのひとつの楽しみです。

もうひとつ、最近、行ってみようと狙っているラーメン屋さんが「サマー太陽」。
誰か、行ったことのある人、います?

 



コメントいただくとうれしいです。一言
コチラから




  1. 2016/05/12(木) 15:45:30|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野菜いっぱい

すこし、ブログアップの仕方を変えようと思います。
1 こまめに
2 原則1テーマで
3 写真が少なくても
まあ、いつまで続くかわかりません。またグズグズと元に戻る予感も。
とりあえず、今回、たまっていた写真を、3テーマにわけて一気にアップ!!



今、島では野菜が豊富になってきました。
ウチにも野菜が溢れました。
とりあえず、机の上に出してみた。保存のきく玉ねぎやイモなどは別。
31_201604271036549cb.jpg 
キャベツ1玉半、ブロッコリー2つ、トマト大量。
島の駅に行って、島の野菜が安くなっていたので、喜んで買った。
庭のトマトが大量になった。
お友達から京都の野菜をもらった。
気がつくと、こんなになってた。

食べきろう!

まずは、そのまま食べるものを別にする。
九条ネギとみず菜はすき焼きにしようっと♪ キャベツとピーマンはお子達のご飯にも使うから、多めに置いておこう。
では、とりかかろう!

まず。少し黄色くなってき始めのブロッコリーは、花の部分のみ切って固ゆでにして冷凍。
20160423_101335.jpg  
サラダに、お子達のご飯に重宝します。

大量の庭のトマトは冷凍してあったものも全部出して、煮る。
37_201604271049352ca.jpg 
味も何も無し、種も皮もそのままのペースト。
庭で完熟したトマトは、砂糖も何もいれなくても甘みがあっておいしい。
パスタに、砂糖や塩や香辛料を入れて自家製ケチャップに使う。あっと言う間に使ってしまいます。

頂いた野菜にパセリもありました。あー庭のパセリも巨大化してるなぁ…。
35_20160427104933fab.jpg 36_20160427103701ea7.jpg 
耐熱皿にペーパーを敷いて、弱ワットで5分ずつぐらい電子レンジ。手で完全にパラパラと崩れるようになったらできあがり。
パセリは自家製ドライにするに限ります。使いやすくて、まめに作ると香りもよい。

キュウリとナスは、ぬか漬けに。
34_201604271037025f5.jpg 
島で独りで暮らす男性に、「ぬか漬けはいいよ!」と勧めたら、お二人が始められました。
おひとりが持参されたぬか漬けが、あまりに美味しくできているので、ちょっと驚く。
私もちゃんと、手入れしなくちゃ。
ちなみに島では発酵が進みすぎるので、冷蔵庫に入れています。

さてと!後は揚げピクルス。
ウチの大定番。
32_20160427103657512.jpg 
トマトやキュウリなどの、揚げに向かない野菜、パセリなどをブサブサと切って、甘酢に漬けます。
大葉もあるとよかったね。
甘酢はなんでもいいんですが、ウチはノンオイルの青紫蘇ドレッシング。少しレモン汁とスイートチリも入れました。
お好みで。
ポイントは、大きな器に入れること。混ぜておきます。
後はゴロゴロ切った野菜。ししとう、ピーマン、ナス、ブロッコリーの茎、カボチャ、玉ねぎ、ズッキーニ。ぜーんぶ使っちゃう。
カボチャとかサツマイモもお勧めです。
これを、素揚げにします。
揚げた野菜を甘酢にどんどん漬けて混ぜる…を繰り返す。
ちなみにカボチャなどは混ぜすぎると崩れるので、後の方で揚げます。
最後にナスを揚げて終了。
油をけっこう食べることになるので、オリーブオイルを多めにして揚げるように焼くって感じでしょうか。
38_20160427103741a6e.jpg 
彩りもキレイ。ということは、栄養バランスもばっちり。
一度作っておくと、冷蔵庫で1週間はもつ。お客様料理にも便利。
なんといっても、野菜が大量に食べられる。
お勧めです。

野菜を腐らせて捨てるのは、とても罪悪感があります。
野菜を食べきろう!

午前中で終わったよ。
野菜室もすっきりしました。



コメントいただくとうれしいです。一言コチラから






  1. 2016/04/27(水) 11:10:01|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝の春味

桜はもう、終わりましたか?
島は日に日に夏にむかっています。
20160409_100109.jpg 
少し天気がよくなかった舞浜ビーチ。17日には、ここで熱いトライアスロンが行われます。
これが、「でいご」の花です。
20160409_094631.jpg 
歌では聞くけど、見たことはないわ、という方が多いでしょう。
大きく赤く、強さを感じる花です。



神戸にいたとき、春は「いかなご」から始まり、筍で春めき、桜で頂きを迎えました。
どんなに美しい海を見ても、やはり恋しい。

そんなとき、春の味が送られてきました。

筍!!!

私は筍が大好きなんです。
でも、こちらでは水煮したパックの筍しか手にはいりにくいのです。

神戸の同級生が、筍を水煮して送ってくれました。
高い重い大きな筍を3つも\買って、それを大きな鍋で煮て冷まし、皮を剥いて、梱包して送る。
なんという手間をかけてくれたんでしょう。
しかも!
20160411_095204.jpg 
その日、パックのサンショが無かったということで、土つきの木を送ってくれました。

もう、感謝を超えて、感動です。

さっそく。筍づくし!
20160411_173515.jpg 
筍の土佐煮。これが好きで好きでたまりません。味わって、「あ~~」などと叫びながら、少しずつ食べます。
でも、無くなっちゃうんです。食べると。
20160411_173505.jpg 
筍の天麩羅。これもまた、美味しい!香りもそのまま。
20160411_173554.jpg 
そして、筍ごはん!!!!
贅沢に、ゴロゴロと切って入れました。
筍ごはんを食べると、昔、母と京都に行って筍ごはんを食べたのを思い出します。

そう、春は、母を思い出す季節。
「桜が咲いているから、帰っておいで」と、母が電話をかけてきました。
夙川のほとりで、セリや土筆をつみました。
ああ、胸がいっぱいになる味。

そして、筍ごはんと一緒にいただくのは…いかなご!
20160411_174619.jpg 
いかなごの釘煮も、毎年、送ってくれます。
これもまた、大好物なんです。神戸に居た時はダンナが上手に炊きました。

贅沢すぎる食事、ごちそうさま。
思い出と一緒に、胸いっぱい、食べました。ありがとうございました。



もうひとつ、春の味。
和菓子。
宮古島では、お餅やおまんじゅうなどの和菓子は豊富です。でも、練りきりのような和菓子はありません。
桜の頃には、桜餅、子供の日には柏餅。ときどきは贅沢に、季節に合わせた練りきり。
美しい和菓子!

和菓子を上手に作る島の若奥さん。
ほら!こんなに可愛い和菓子を持ってきてくれました!!!
20160411_130343.jpg 
もう、すごいったらありゃしない。
20160411_131310.jpg 
お抹茶をいれて
20160411_131453.jpg 20160411_133736.jpg 
ぜいたくに2つも。
うれしいですね。すごいわぁ。
いつか、カフェを開いてください。待ってます。

筍も、和菓子も、東京や神戸にいたころには、とくに意識しませんでした。
デパートの地下で買うものでした。
「欲しければ、いつでも手に入る」ものでした。
ありがたみは感じませんでした。

ダンナと二人、「あ~~」「うま~~い!」「しあわせ~~」と叫びながら、一口一口味わって食べる。
送ってくれた、作ってくれた友達に感謝しながら。
いろんな思いでにひたりながら。
これを「味わう」というのでしょうね。
簡単に手に入らないからこそ、味わえる味なのかもしれません。

梅棹忠雄先生の著書の中に、「幸福の指標」という文を思い出しました。

フィールドワーカーたちは世界の奥地に行ったとき、現地の材料を駆使して、日本料理を作ります。
「あー美味い、こんなところで、こんなにうまい日本料理を食べられるなんて、なんて幸せなんだろう」と感じます。
そのあと、京都に帰ってきて食べた日本料理は、とんでもなく美味しくて驚きます。
で、思います。「あの時、美味しいと思って食べた日本料理はなんだったんだろう?あの時感じた幸せはなんだったんだろう?」

東京にいたときは、高級なお店で筍を食べられた。きっとすごく美味しいものだったのでしょう。
でも、今日の筍や和菓子は、どんな京都の料亭の料理よりも、どんな高級店の和菓子よりも、美味しいと思いました。
きっと、ずっと忘れない。

欲すること。
心をこめて作ること。
味わうこと。
感謝すること。

本当の美味しさは、想いにあり。

ありがとう!ですね。


★おまけ 「今日のチャー」

ひでー顔だな。
20160411_220140.jpg 
ソファの半分を占領して、この顔ですから。
ふ…。

この翌晩、雷がなりました。怖い怖いと鳴いて、大騒ぎ。
寝室の扉をあけてくれとせがみ、あけてやるといちもくさんに私のベッドへ。
ずっとピットシと離れずに寝ました。

ふ…甘やかしちゃった。




コメントいただくとうれしいです。一言コチラから




  1. 2016/04/13(水) 11:47:17|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

宮古島 (27)
景色・空・海 (29)
ワンコ (85)
ごはん (59)
畑・庭 (32)
海遊び (66)
お祭り・イベント (31)
お知らせ (3)
未分類 (64)
子犬出産育児 (15)

月別アーカイブ

プロフィール

クーヒメ

Author:クーヒメ
沖縄県宮古島市に2010年移住。
夫婦とワンコの楽園くらし。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム